銀座 皮膚科 美容皮膚科 形成外科 しみ しわ たるみ

MENU

肝斑治療

肝斑の特徴


肝斑に関しては、さまざまなメディアで解説されていますが、実際のところは原因や正体については、いまだ明らかにされていないのが現状です。原因が不明なので治療で完治させるのは難しいですが、自然と治ってしまうこともあります。
紫外線や擦る刺激、ホルモンやストレスなどあらゆることが悪化因子になる可能性があります。30代以降の女性に多いですが、男性でも肝斑のようなシミが見られることがあります。
イラストのように頬上部に左右対称に出現することが多いですが、他の部位にもできます。下まぶたのエリアを避けることが多いので、メガネの跡のように線状(帯状)に見えることが多いです。
肌の調子や体調、季節などによって色調の濃さが変化するため潜在する可能性があること、強いレーザー治療などの刺激で濃い色素沈着を起こすことがあることから、顔のすべてのレーザー治療のリスクになる可能性のある特別なシミといえます。
原因不明であること、ホルモンが関わっていることなどから治療により完治させることは難しいですが、レーザーや内服薬などを組み合わせることにより改善させることは可能です。

 

 

【肝斑の正体?】

 

長年臨床の現場でたくさんの肝斑を診てきました。その観察の結果より導いた、肝斑の正体は「体質」です。あまりにシンプルかつ無責任なように聞こえますが、これが正直なところなのです。部分的な色素細胞(メラノサイト)の体質的異常と考えられます。
何らかの原因により、色素細胞がさまざまな刺激に対して、通常より敏感に反応し過剰にメラニン色素を過剰産生します。この刺激には、内的要因(特に女性ホルモンなど)や外的要因(紫外線・摩擦・炎症など)があります。
体質なので、明らかな原因というものはなく、自然と発生し、また自然となくなることもあるのです。ですから肝斑は「何が悪い」というものではなく、ある程度は「仕方ないもの」として、うまく付き合っていく必要があるのです。
以上はあくまで経験から導き出した推測であり、科学的に証明されたものではありません。そもそも肝斑については、かの有名な内服薬トラネキサム酸にでさえ、その有効性は確実ですが、作用機序が科学的には完全に証明されていません。

 

 

【潜んでいる肝斑:すべてのレーザー治療などのリスク】

 

肝斑は老人性色素斑などとは、全く違う特殊なしみです。その特殊性のひとつが、色調の変動です。老人性色素斑などのシミは、色調の変動がほとんどありません。毎日どんなときもだいたい同じ色や形で存在しています。長期的に見れば、色が徐々に濃くなっても、薄くなることはまずありません(そばかすは薄くなることがあります)。
肝斑は異なり、濃い時、薄い時があり、状況によっては、明確な肝斑と認識できないほど薄くなるときもあります。この変動に主に関わっているのが、ホルモンだと言われています。薄くて見えなくても肝斑は完治したわけではありません。いわば「潜んでいる」状態なのです。
シミのレーザー治療において、特に注意が必要なのがこの「潜んでいる」肝斑なのです。
今認識できないからといって、肝斑がいないとは限らないのです。
そして、強い刺激で濃い色素沈着を起こす性質があります。治療の種類によっては、強い刺激になりえます。
肝斑の存在を認識していれば、刺激しないよう注意して治療を行うのですが、見えていなければどうしようもないことがあるのです。「見えていなくても存在しているかもしれなくて、刺激すれば濃く出てくる」というのが肝斑の厄介なところなのです。
これで痛い目にあったことのある医師は相当多いはずです。
今でも肝斑を見れば積極的な治療を敬遠する医師が多いのはそのせいです。
「私、肝斑ありますか?」日常診療の中で、患者様がよくされる質問です。濃く出ている状態の典型的な肝斑であれば、誰が見ても分かります。しかし、全く肝斑として認識できるような色素斑がない場合でも完全にないとは言えないのが難しいところです。

 

 

 

肝斑の治療

治療おすすめ度★★★★☆

肝斑は「体質」だと前述しました。体質である以上、自然と完治することはあっても、人為的に(治療によって)完治(=体質を変える)させることは難しいのです。

 

 

 

【肝斑の治療とはいったい?】

 

肝斑は治すものではなく管理するもの
現状の色素沈着状態をできるだけ改善し、よい状態を維持すること

 

つまり「対処療法」だといえます。今実際に蓄積している色素をなるべく薄くして、見た目を改善させることが目標です。根本的な原因は色素細胞の異常であり、これ自体を根本的に改善しているわけではないので、一時的には改善されても、再発する可能性はあります。
ただし、実際には現状の見た目の改善と共に、診察時に行う日常生活指導や内服治療で、かなり良好な状態をキープすることが可能です。
ですから根本的な治療ではなくても、治療する価値は十分あると考えています。

 

 

 

【具体的な治療は?】

薬剤治療(トラネキサム酸内服や外用療法)+レーザー・フォト・ピーリングなどの併用
日常生活の中で、悪化要因となる刺激を避けること

 

皮膚の色素は、色素細胞から供給される色素の量(IN)と皮膚が色素を排出する量(OUT)の収支で決まります。INが多いほど、OUTが少ないほど色素は多くなり(濃い状態)、逆では少なく(薄い状態)なります。したがって、色調の改善に必要なのは、INを少なくし、OUTを多くすることです。
INを少なくするのは基本的に薬の仕事です。代表格がトラネキサム酸の内服です。はっきりした機序は不明ですが、トラネキサム酸は、特に肝斑の部位での色素細胞のメラニン色素産生を抑制することが分かっています。他に、ハイドロキノンやルミキシルなどの外用薬も有効だと考えます。
OUTを多くすることは、蓄積している色素を分解したり、肌の代謝(ターンオーバー)を促進し排出を早めることです。これは、トレチノインなどの外用薬も有効ですが、レーザー治療やフォトシルクプラスなどの光治療の方が早く分かりやすい効果を期待できます。また、状況によってはケミカルピーリングなども効果的です。
しかし、これらの治療もやり方によっては、強い炎症を起こし、肝斑を濃くしてしまう可能性があるため、特別な注意が必要です。肝斑に強い刺激を与えないようにしつつ、代謝を促進するには、肝斑に精通し、絶妙な加減ができることが条件です。
また、日常生活での注意も欠かせません。肝斑はさまざまな悪化要因が知られています。代表的な悪化要因であるホルモンをコントロールするのは難しいですが、それ以外の悪化要因は努力により回避可能です。普段からUV対策をし、患部を強い摩擦や炎症から守ることはとても大切です。

 

 

 

【肝斑にレーザー治療は禁忌なのでは?】

 

すべてのレーザー治療が禁忌ではありません

 

レーザー治療といっても、さまざまです。一般的に、肝斑に禁忌とされているレーザー治療は、「しみ取りレーザー」としてのQスイッチレーザーなどを指します(当院だとQスイッチルビーレーザー)。これらのレーザーの特徴は、メラニン色素に強く反応し破壊・分解し、シミを除去することです。この作用は肌に強い炎症を起こします。
また、しみ取りレーザー以外でも、治療により強い炎症を起こすレーザーは同様に禁忌といえます。炎症が肝斑の部位にある色素細胞を強く刺激し、濃い色素沈着を起こす現象がその根拠となっています。
さらに問題なのは白斑化(白抜け)です。これらのレーザーのエネルギーが色素細胞に強くダメージを与えることにより、白斑化が起こるのではないかと考えています。したがって、当院ではこのような種類のレーザーを、肝斑治療において、肝斑の色素そのものを破壊・分解するために使用することはありません。
肝斑治療に使用するレーザーや光治療に期待するものは、色素をマイルドに分解し、代謝を促進することです。「肌に炎症を起こさない程度に、慎重に出力や反応を調整しつつ、効果を出す」この見極めに相当な経験が必要で難しいのです。
当院では、炎症を起こしにくく肝斑にも比較的安全なロングパルスヤグレーザー(波長1064nm)とフォトシルクプラスを使用しています。
ただし、肝斑に安全とされているレーザーであっても使い方によっては、肌に炎症を起こし得るため十分な注意が必要です。絶対禁忌とされる種類のレーザー機器を用いての治療は論外ですが、大切なのはどの種類の機器を使うかではなく、どのように使用するかです。

 

>>お問い合わせ・ご予約はこちら

 

お問い合わせ0120-084-112

診療時間
(予約は17:00まで)

休診日:水曜日・日曜日・祝日