銀座 皮膚科 美容皮膚科 形成外科 しみ しわ たるみ

MENU
MENU

肝斑にはリバースピール

肝斑・色素沈着に特化したピーリング治療

難しい肝斑・炎症後色素沈着の治療

肝斑イメージ肝斑やレーザー治療後の炎症による色素沈着は、一般的なシミ取りレーザーなどによる治療が難しいとされています。
もともと何らかの炎症で起きている色素沈着なので、治療自体が炎症を起こしてしまうような刺激の強いレーザー治療では逆効果になってしまうことがあるからです。

 

リバースピールとは?

リバースピールはケミカルピーリングによる最新肝斑治療 
真皮の奥から色素沈着を改善します

リバースピールは、PRX-T33(マッサージピール)に肝斑用成分を追加し、肝斑に対してより効果的に改良したケミカルピーリング治療です。
肝斑は通常表皮の色素沈着ですが、メラニン色素が多すぎると真皮の奥まで色素が蓄積します。
リバースピールは、表皮角質層に作用する通常のケミカルピーリングとは異なり、真皮の奥から表皮に向かって治療し、色素沈着を改善させます。

 

リバースピール治療の流れ

リバースピールは皮膚の奥から肝斑や色素沈着にアプローチ
3つのステップで皮膚の深層から表層までの色素沈着を改善します

リバースピール薬剤
  • STEP1 診察~効果と安全のために
    当院では、診察を重視しています。 どんな治療であっても、治療前の診察はとても重要だと考えています。 毎回必ず治療前に診察でお肌の状態を拝見させていただき、お肌が治療に適している状態かをチェックし、そのときのお肌の状態によって治療を調節します。 毎回の診察は、効果を出すためだけではなく、リスクを避けるためにとても重要な過程です。
    ※マッサージピールは、通常ダウンタイムの少ない治療ですが、お肌の状態が治療に適していない場合は、治療をおすすめしない場合があります。
  • STEP2 洗顔
    リバースピールの薬剤を均一に浸透させるためには、治療前の洗顔が重要です。 強く擦らず、優しくしっかりメイクなどを落としていただきます。専用の洗顔料(P solution)を用いて、お肌をリバースピールに適した状態に整えます。
  • STEP3 リバースピール1(真皮層)
    お肌に薬剤【リバースピール1=PRX-T33】を塗布します。 薬剤を浸透させるために、優しくお肌をマッサージします(マッサージピールと言われる所以です)。 成分であるTCA(トリクロロ酢酸)、過酸化水素が皮膚の深い部分に浸透するに従い、多少のピリピリ感や熱感を感じることがありますが、特に問題ありません。 PRX-T33に含まれるTCAが過酸化水素とコウジ酸を皮膚の奥(真皮層)まで届けます。過酸化水素はメラニンを酸化し、コウジ酸がメラニン生成を抑えます。低濃度の過酸化水素は炎症をコントロールします。
  • STEP4 リバースピール2(表皮最深層)
    次に【リバースピール2=高濃度乳酸ピーリング】を塗布します。高濃度の乳酸で表皮のピーリングを行い、表皮深部に存在するメラニンを除去します。。配合されているフィチン酸はメラニンの生成に関わる鉄(Fe)をキレート化します。
  • STEP5 リバースピール3(表皮層)
    最後に【リバースピール3=ヒドロキシ酸ピーリング】を塗布します。多種の混合ヒドロキシ酸(サリチル酸、グリコール酸、マンデル酸)+コウジ酸、フィチン酸で表皮層を改善させます。
  • STEP6 アフターケア
    最後にアフターケアとして【リバースセラム】を塗布します。リバースセラムは、トラネキサム酸、フェルラ酸、αリポ酸、グラブリジン、アルバチンCPペプチド、ラクトフェリン、ニコチンアミドを成分としており、色素沈着を予防します。リバースセラムはご自宅でのアフターケアとしてもご使用します。

 

リバースピールを受けられない可能性のある方

  • 配合成分に対する過敏症のある方
  • アスピリンに対して過敏症のある方(アスピリン喘息を含む)
  • アルコールに対して過敏症のある方
  • 現在強い炎症のある肌状態(アトピー性皮膚炎、脂漏性皮膚炎、かぶれなど)
    ※ニキビは問題ない場合が多いです。
  • 普段からトレチノイン(レチン、レチノイン酸、ディフェリンゲルなど)、過酸化ベンゾイル(ベピオゲル・デュアック・エピデュオなど)、その他のピーリング剤を使用されている方⇒2週間ほど使用しない期間を置いた後の治療が安全
  • イソトレチノイン(アキュテイン、ロアキュテイン・ロアキュタンなど)の内服中の方。内服歴がある方もご相談ください。
  • ヘルペス治療中の方
    ※頻繁にヘルペスが出る方はご相談ください。
  • 女性の場合、妊娠中・授乳中
  • お肌に大きな負担のかかった状態

など、詳しくは医師にご確認ください。

 

リバースピールにおける考えられるリスク(副作用・合併症など)

  • 赤み・乾燥・腫れ・皮むけ・かさぶた(治療時の肌の調子による)
  • 敏感肌(通常は一時的)
  • かぶれ(リバースピールの成分に合わない場合)
  • 色素沈着・瘢痕(非常にまれ)
  • ヘルペスの悪化
  • 肝斑の悪化(予期せぬ炎症が起こった場合など⇒トラネキサム酸の内服を併用するのが安全)

など、詳しくは医師にご確認ください。

 

リバースピールはただいま準備段階です。
治療開始はホームページでお知らせいたします。

お問い合わせ0120-084-112

診療時間
(予約は17:00まで)

休診日:水曜日・日曜日・祝日