銀座 皮膚科 美容皮膚科 形成外科 しみ しわ たるみ

MENU
MENU

しみ・そばかすレーザー治療Q&A

 

このページで解決できないご質問などございましたら、ご遠慮なくお問い合わせフォームにてお問い合わせ頂くか、ご予約の上、ご来院頂ければ、院長自らがお答えいたします!

 

しみ・そばかす治療(Qスイッチルビーレーザー)Q&A

このQ&Aの回答については、当院での診療を基準にしています。
当院以外のクリニックの診療に当てはまるとは限りません。
同じ治療機器・医薬品を使用していても、治療方法・効果は大きく異なる場合も多々ありますので、予めご了承ください。

 

 

しみは本当にレーザー治療で取れますか?

適切な方法で治療すれば取れることが多いです。 しみにはたくさんの種類があり、それぞれに治療方法が異なります。正しく診断し、状態や種類に合った治療方法を選択し、適切に治療を行えば、通常はとても満足度が高い結果が得られます。

 

 

しみのレーザー治療後にはガーゼが必要ですか?

しみ治療後にガーゼを使用することは通常ありません。ワセリン特殊なシールで保護することが多いです。 治療法によっては、治療後かさぶたができる場合があります。かさぶたをそのままにしておく方法もあるのですが、治療後の患部にとって最適な条件ではありません。また、患部をそのまま露出すると外部からの刺激を受けやすく、洗顔やメイクなどに制限がありますので日常生活上での管理も難しくなります。特殊なシールを貼ることにより、患部の治りが良くなり、管理も楽でかさぶたそのままの状態より圧倒的に目立ちません。そのため、ほとんどの方がこのシールをご使用になられます。
⇒シールについてはこちら

 

 

他院でしみのレーザー治療をしましたが、しみが全然取れませんでした。診てもらえますか?

診察は可能です。 しみのレーザー治療は、一般的に考えられているほど簡単ではありません。治療を担当する医師がしっかりとした知識と技術をもって治療しなければ、満足な結果を出すことは難しいと考えます。しみが取れない理由はいろいろありますが、診断や治療法が間違っている、照射出力が足りない、アフターケアが足りないなどです。お話を詳しく聞かせて頂くことにより、大体の場合は理由も特定でき、対処法もアドバイスできるはずです。ご気軽にご相談ください。

 

 

しみの治療は痛いですか?

痛みは少ないのでご安心ください。 シールやクリームの麻酔、また必要であれば注射の麻酔をしますので、痛みは心配ありません。フォトシルクプラスなどは、とても冷たいジェルを塗布しながら施術いたしますので、あまり痛みを感じることはありません。

 

 

しみの治療器にもいろいろ種類がありますが、機器によって効果は違ってくるものなのでしょうか?

効果の違いは様々な要素が原因となります。 当院では、しみのレーザー治療にQスイッチルビーレーザーという機器を用います。同じしみ用のレーザー治療器でも、Qスイッチヤグレーザー、Qスイッチアレキサンドライトレーザーなどたくさんの種類があり、それぞれ特性が違います。 機器の性能や特性の違いによる効果の違いもあるのですが、それより大きな要素が、実際に治療する医師の知識や技術です。いくら優秀な機器でも、適切な設定・操作で治療しないと、本来持っているポテンシャルは発揮できません。 

 

 

しみやイボのレーザー治療は健康保険を適応できますか?

当院では原則的に自費診療になります。ご了承ください。当院で、 しみやイボの治療に使用するレーザーはQスイッチルビーレーザー、炭酸ガスレーザーです。Qスイッチルビーレーザーに関しては、しみ治療には保険適応はなく、アザ治療(太田母斑、扁平母斑など)にのみ保険適応があります。炭酸ガスレーザーに関しては、現在保険適応で認められているものはありません。当院では、 保険適応のない疾患に架空の保険病名をつけて保険診療をする行為(不正請求=違法行為)は一切行いません。

 

 

しみのレーザー治療をしましたが、かさぶたになりませんでした。どういうことでしょうか?

さまざまな状況が考えられます。 Qスイッチレーザー(当院ではルビー)によるシミ治療の通常経過は、こちら かさぶたにならない状況はいくつか考えられます。 ①照射出力が低すぎた⇒Qスイッチルビーレーザーでは、照射直後に患部が白くなる現象が有名です。この色具合により、シミの組織が十分に破壊されたという目安になります。治療者が、これを判断できないと、シミの組織を破壊できていませんのでかさぶたにはなりません。この場合、結果としては、シミが残ってしまう場合が多いと思います。十分な期間を空けて適正な出力での再照射が必要になることが多いです。 ②照射出力が強すぎた⇒濃いはっきりしたシミに対して、レーザーの反応が強すぎてしまい、レーザー照射と同時にしみの組織(かさぶたになるべきもの)が蒸散・消失してしまうのが、良くあるパターンです。上記の反対です。シミの組織は十分に破壊されていますので、結果的にシミは取れますが、ダメージが強かった可能性がありますので、濃い色素沈着などが起こる可能性があります。この場合、治療者の問題だけとは限りません。レーザー機器によっては、出力が弱められないものもあります。当院のThe Ruby nano Qは弱い出力から設定できるのが大きなメリットと言えます。 ③色素が深層にある場合(ADMや太田母斑などですでに何回も治療している場合など)⇒皮膚深層での反応になりますので、表面のかさぶたは明確でない場合もあります。 などでしょぅか。 また、しみの治療に炭酸ガスレーザーを使用を使用するケースがあります。炭酸ガスレーザーは治療と同時に組織を蒸散しますので、やり方によっては、かさぶたになるべき組織が残っていません。特に、治療後ハイドロコロイドシール(デュオアクティブなど)を貼布した場合はかさぶたを形成しません。 ①の場合を除き、治療後のアフターケアをしっかりすれば問題ありません。①の場合は、半年~1年ほど期間を空けて再照射する必要があるかもしれません。(空ける期間は治療の状況によります)再照射でも同じような状況では、シミはいつまでたっても取れないかもしれません。しっかりしたクリニックで治療しましょう。

 

 

Qスイッチレーザー 後患部に直接化粧してしまいました大丈夫ですか?

状況と段階によります。とにかく、かさぶたを取らないよう注意が必要です。 ・治療直後でかさぶたがまだ軟らかいとき⇒メイクはしない方が無難です。メイク時の擦過刺激でかさぶたが取れてしまう可能性があります。 ・かさぶたが完成して乾いた状態⇒強く擦らないように優しくメイクすることは可能 ・治療直後で赤剥けのようになっているとき⇒メイクはしない方が無難です。 ・治療後5日~10日前後でかさぶたが取れた後⇒メイク可能です。でも優しくそっと。 治療後に起きる赤みや色素沈着の強さや期間は、治療時または治療後の患部へのダメージの大きさに影響されます。ちょっとの我慢ができずに雑に扱えば、後々に長く続くお悩みになってしまう可能性もあるのです。理想的には、シールを貼って完全に保護することですが、どうしてもシールを貼れない場合は、患部が受けるダメージを最小限にすることが求められます。

 

 

老人性色素斑の治療に炭酸ガスレーザーを使用することはありますか?

シミの状況によっては、あり得ます。 通常の老人性色素斑には通常Qスイッチレーザー(当院ではルビー)を用いるのがベストです。シミの組織を最小限のダメージで除去できるからです。炭酸ガスレーザーでも除去できますが、Qスイッチレーザーにくらべてダメージが強くなることが多いです。炭酸ガスレーザーは、主にイボの除去に使用します。イボには厚みがあり、色がついていないことも多いので、Qスイッチレーザーでは除去が難しいことが多いからです。シミでも、その中にイボを併発しているもの、角質が厚くQスイッチレーザーでは不十分なものは、炭酸ガスレーザーも併用します。

 

 

戻りシミが濃いですが、大丈夫でしょうか?

しっかりアフターケアができれば、通常は心配ありません。 戻りシミという医学用語はありませんが、おそらくレーザー治療後における炎症性色素沈着(二次性色素沈着)のことだと思います。シミ治療後の炎症性色素沈着は、さまざまな要因に影響されます。治療時・治療後の炎症の度合い、肝斑の存在、治療時のお肌の状態、レーザーの種類、治療時のメラニン周期、体質など…。もちろん、このような色素沈着は出ないに越したことはないのですが、どれだけ慎重に治療しても出るときは出るものだと考えています。誰が悪いわけでもありません。よくあるパターン「前に治療したときは出なかったのに…」。前と今回では、上記の条件のすべてが違います。当然色素沈着の出方が違ってもおかしくないのです。大切なのは、まずシミがしっかり除去されているかどうか。これは、治療前のシミの状態とかさぶたが取れたときのお肌の色で判断します。そして、アフターケアを行い色素沈着をしっかり除去すること。しっかりアフターケアを行えば、たいていの色素沈着は取れます。だから戻りシミは特別心配なわけではないのです。

 

 

Qスイッチルビーレーザー治療後でかさぶたが取れた後のケアの方法は?

一般的なスキンケアを徹底することです。 当院の場合、シミのQスイッチルビーレーザー治療後でかさぶたが取れた後のケアは、 ・刺激しないこと(極力擦らないこと、肌に合わないものを使わないこと) ・紫外線予防をすること ・外用薬を使用すること ・しっかり保湿をすること としています。特に気をつけるべきは、擦る刺激です。無意識に擦っている人がとても多いです。擦る刺激は微小な慢性炎症を起こし、色素沈着の原因になります。 紫外線は言うまでもありませんが、外に出るなという意味ではありません。外に出るときには必要な紫外線予防をしてくださいという意味です。普段の生活であればSPF30程度のもの、海水浴などはさすがにおすすめできませんが、やむを得ず長時間炎天下にいる場合はSPF50のものをきっちり塗りなおしながら使用する。最近はエア~という透明な保護シールも販売されていて、これを部分的に使用するのも良い方法です。 外用薬を使用するのは、シミ治療後の色素沈着が自然経過では取れにくい場合があるためです。保湿はすべてのスキンケアの基本です。 こう見てみると、実は特別なケアというわけではなく、一般的などれもスキンケアなのです。つまり、シミ治療後の患部は、健常皮膚よりかなり敏感になっているので、その分、念入りにスキンケアしてくださいということです。

 

 

ADMとシミ(老人性色素斑)は診察で区別できますか?

100%ではないですが、ほとんどの場合分かります。 それぞれに特徴があります。典型的な例では、見た瞬間分かります。ただし、しみを毎日専門に診療していないドクターには、どれも同じに見えるかもしれません。ADMはよく肝斑と間違えられます。シミの種類により、治療方法が変わってくることもあるので、治療には正しい診断がとても重要です。

 

 

Qイッチルビーレーザー治療の副作用で神経損傷はありますか?

Qスイッチルビーレーザーの副作用で神経損傷は聞いたことがありません。 Qスイッチルビーレーザーは、主にシミの治療に用いるため、レーザーの中でも比較的皮膚の表面近くにしか作用しないようにできています。通常の経過においては、神経損傷が問題となるような、深い層への影響は考えにくいです。

 

 

シミやそばかすがたくさんあり、すべて取りたいのですが、可能ですか?

もちろん可能です。 そんなときには、当院の一掃プランがおすすめです。当院の治療室は照明設備に凝ってます。大きいものだけではなく、普通の蛍光灯照明では見にくいごく小さなものまで確認することができますので、十分な時間をかけて、できるだけすべて照射するようにしています。これには、妥協できない性格と相当の忍耐力が必要です。目立つものだけ照射するようなシミ取り放題コースとは別物だと自負しています。

 

 

シミのQスイッチルビーレーザー照射後に膿が出ました。化膿しているのでしょうか?

レーザー治療後で化膿することは稀です。 レーザー照射後には、患部より浸出液という液体が出てくる場合があります。これは膿ではありません。治療後にシールを貼った場合は、この浸出液によりシールが白く濁ります(こちら)。また、シールから沁み出てきた液体は、少し黄色味のある粘性の液体のため、膿と間違われることが多いです。実は、この浸出液には、傷を早くきれいに治す成分がたくさん含まれていますので、出ていても全く問題ありません。 膿とは、細菌感染を起こした場合に分泌される液体です。顔の治療の場合には、滅多に細菌感染(化膿)することはありません。本当の膿が出る場合は、細菌感染を起こしていますので、患部の赤みや痛み・熱感が強く出ることが多いです。この場合には、適切な処置が必要です。

 

 

シミのレーザー治療後、かさぶたとれた後に白くなるのは?

しばらくすると通常は目立たなくなります。 レーザー治療でシミがかさぶたになった部分は、周りのお肌と違い、くすみも取れた新しいお肌なので、周りとのコントラストがつき白く見えます。でも、時間とともに馴染んでいき、気にならなくなることがほとんどです。 注意すべきは、短い間隔で同じ部位に何回もレーザー照射している場合です。お肌の色素細胞が大きなダメージを受けてしまい、色素を出さなくなる場合があります(白斑化)。時間の経過とともに回復してくることが多いですが、そうでない場合もあります。これを治すのは、とても難しいです。したがって、そのようにならないよう、レーザー治療は十分に間隔を空け、患部のダメージが大きくなり過ぎないようにしなければなりません。

 

 

シミのレーザー治療後、 シールの上から化粧可能?

可能です。 シミのレーザー治療後は、お肌の表面のバリア機能が失われた状態なので、それを補うためにシールを貼るのがベストです。シールの種類にもよりますが、通常は防水構造になっていることが多いので、シールの上からお化粧やクレンジングが可能です。シールは、かなり強い粘着力があるので、簡単には剥がれませんが、なるべくシールが剥がれないように注意しながら慎重に行う必要があります。

 

 

ADM(真皮メラノサイトーシス )に内服薬は有効?

通常、内服薬は有効ではありません。 ADM(メラノサイトーシス)に対しては、Qスイッチルビーレーザーなどの強いレーザー治療(HLLTと呼ばれます)が唯一有効な治療法だと考えています。通常、内服薬は有効ではありません。ただし、ADMが肝斑と合併している場合は、治療条件をよくするために、トラネキサム酸などの内服薬(肝斑に有効)は有効です。トラネキサム酸を内服することにより、Qスイッチルビーレーザーなどの治療効率が上がりますし、治療後の色素沈着が軽減できる可能性があります。ただし、ADMへの直接的な効果は望めません。ADMが肝斑だと診断され、漫然と処方されているケースをよく目にしますので、注意する必要があります。

 

 

シミのレーザー治療、かさぶたの中に内出血あるが大丈夫か?

シミ(老人性色素斑、日光黒子)のレーザー治療(通常はQスイッチルビーレーザー)では、照射直後白くなり、その後徐々にかさぶたができるという経過が一般的です。しかし、シミにもさまざまなタイプがあり、レーザー治療直後から内出血(皮膚の中での出血)を伴う場合があります。このような状況がよく見られるシミのタイプは、褐色ではなく赤みやグレー色を帯びたものが多いです。このタイプは、自然に薄くなることがあるタイプで、レーザー治療後に赤みが残る可能性があるため、当院では、レーザー治療を避けることがあります。

 

 

シミのレーザー治療、1ショットでどの位の大きさのシミがとれる?

機種によりますが、1ショットでカバー可能なのは、数ミリ程度の極小さなものです。 レーザー1ショットの大きさは、機種によってさまざまですが、たいてい5㎜前後ではないでしょうか。1ショットの形は、円形ではなく正六角形であることが多いです。その方が、大きなシミなどを治療する場合に、無駄な重なりや隙間がなく均一に照射できるからです。では、5㎜の大きさのシミであれば、1ショットで治療可能かといえば、そうとも限りません。シミは類円形(円形に近い形)をしていますが、さまざまな形をしています。1ショットから少しでもはみ出た部分があれば追加照射が必要です。一部分でも残存させれば、再発のリスクが高くなると考えられるからです。1ショットで完全にカバーできるシミの大きさは、レーザー1ショットの大きさよりある程度小さいと考えていた方が無難です。1ショット=〇〇円などと安価に見える価格設定では、実際の治療費が高額になることも多いので注意が必要です。

 

 

戻りシミ(炎症後色素沈着)に対してレーザー再照射は可能?

当院では1年を目安にしています。 シミのレーザー治療後の色素沈着(戻りシミ)に対する、レーザーの再照射に関して説明します。老人性色素斑(日光黒子)が治療対象の場合は、適切な出力で照射されていれば、1回の治療で完全に除去できていることが多いため外用薬によるアフターケアで十分改善が可能であり、レーザーの再照射を必要としません(当院の場合)。まれに、深い色素沈着(真皮性)などの場合は、外用薬などのアフターケアでは消失せずに、再照射が必要となる場合があります。この場合、当院では1年以上の期間を空けます。十分な期間を空けずに色素沈着(戻りシミ)に対して、レーザーを再照射した場合は、白斑化などのリスクが高くなります。白斑化は、治療による改善が難しいため、色素沈着(戻りシミ)に対する、レーザー照射は慎重にならなければならない、というのが当院の考え方です。

 

 

炎症性色素沈着(戻りシミ)はいつが一番濃い(ピーク時期)?

一般的には、治療後1か月前後がピークだと言われています。 その後徐々に薄くなり、6か月以内に消失するというのが、通常の経過ですが、個人差があります。色素沈着(戻りシミ)が存在する期間は、治療時のダメージの大きさ、アフターケアの有無、日常生活上での扱い方、肌質など様々な要素に影響を受けます。顔で1年以上経過しても残っている場合は、状態によっては再照射が必要になる場合があります。

 

 

シミのレーザー治療でかさぶたがまだらになったが大丈夫?

適切な出力でレーザーを照射していても、かさぶたが均一であるとは限りません。シミの中にもある程度の濃淡があり、レーザーへの反応も違うからです。かさぶたが取れたときに、色素が残存していなければ気にする必要はないと思います。

 

 

Qスイッチルビーレーザーは照射直後に白く反応する?

Qスイッチルビーレーザーなどをシミに対して照射した瞬間に、シミが白くなる現象があります。immediate whitening phenomenonと呼ばれ、レーザーがシミの組織を十分に破壊できたかどうかの目安になります。シミのレーザー治療では、この見極めが重要となります。

 

 

扁平母斑(茶アザ)とシミ(老人性色素斑)の違い、見分け方は?

まずは、出現時期の違いです。シミ(老人性色素斑、日光黒子)は加齢がメインの原因なので、早くても20代後半、多くは30代から出てくることが多いです。これに対して、扁平母斑は「あざ」の一種ですので、多くは幼少期に出現します。次に色の違い。シミにくらべて扁平母斑は色素の沈着具合が均一な印象です。そして形の違い。シミは円形に近いことが多いですが、扁平母斑は細長いことが多い(特に縦長)です。あとは、質感(肌理)の違いです。このあたりは専門的すぎて、ここに記載しても参考にならないと思います。これらと、見た目の雰囲気で判断しますが、だいたい当たります。

 

 

ADM(真皮メラノサイトーシス)、レーザー以外のダウンタイムが無い治療はないのか?

基本的にはないです。 ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)の治療において、レーザー以外の選択肢は現実的ではないかもしれません。皮膚の深い部分にある色素のみを、周りの組織のダメージを最小限にして除去できる方法においては、レーザーの「色にしか反応しない」という特性が必須条件だからです。当院では、Qスイッチルビーレーザーを用います。ADMに対しては、このレーザーがあらゆる面で優れていると考えられます。ダウンタイムのない光治療(フォト)など、Qスイッチレーザー以外の治療はADM自体に対しては、ほとんど無効だと思われます。

 

 

レーザー治療後の炎症後色素沈着の主な薬は?

レーザー治療後の色素沈着(戻りシミ)には、色素産生を抑えるハイドロキノンやルミキシルと色素排出を促すトレチノインを併用することが多いです。しかし、注意しなければならないことは、これらの外用薬により患部が強い炎症を起こさないよう管理することです。色素沈着(戻りシミ)がレーザー照射による炎症が原因で起こっているため、さらなる炎症は、場合によっては悪化の原因になることもあるからです。

 

 

シミ取りレーザー後の色素沈着はどうして起こるのか?

レーザーは炎症を起こすため、防御反応として色素細胞が一時的に活性化します。怪我した後に、一時的な色素沈着が起こるのと同じ原因です。シミの部位はシミのない部位に比べて、色素細胞の活性が高い可能性もある(だからシミになっている)ので、色素沈着も起きやすいと考えられます。

 

 

シミのQスイッチレーザー後に水ぶくれは大丈夫?

Qスイッチルビーレーザーは比較的強い出力なので、シミの色調や設定した出力によっては、反応が強すぎて、水ぶくれ(水泡)が起きる可能性があります。なるべく水泡を刺激せずに破らないように扱う必要があります。できれば、ハイドロコロイドなどのシールで保護した方がよいでしょう。

 

 

シミはレーザーで取れても、また出てきて戻りしみでないこともある?

シミのレーザー治療では、治療後2週間前後で色素沈着(戻りシミ)が出てきて3~4か月後に消えるというのが一般的です。それ以降に患部が色素沈着を起こした場合、シミの再発もありえます。この場合は、ある程度の間隔を空けてレーザーの再照射が必要になる可能性があります。

 

 

レーザー治療で色素が抜けて白くなった所の治療法は?

レーザーのエネルギーにより色素細胞がダメージを受けて働かなくなった状態です。確実に有効と言える治療法はありません。経験上、レーザー治療は1回であり、出力も適切な場合では、時間の経過とともに肌色が戻ってくる事が多いです。Qスイッチルビーレーザー治療などを繰り返す必要のある場合(ADM、太田母斑、TATOOなど)には、常に白斑化のリスクを念頭に慎重に治療間隔を調整して治療する必要があります。

 

 

レーザー治療後のかさぶたが剥がれない

レーザー治療後のかさぶたであれば剥がれないということはないはずです。遅くても2週間以内には自然と剥がれるのが普通です。ただ、部位によって代謝の早さが異なりますので、代謝の悪い部位(足など)では多少伸びる可能性はあります。いつまで待っても剥がれない場合は、かさぶたではなく、色素沈着(戻りシミ)もしくは、残ったシミそのものである場合も考えられますが、治療で適切な反応が得られている状況では非常に稀だと思います。

 

 

シミとりレーザー治療時の焦げた臭いは?

シミ取りレーザー治療時の焦げた臭いは、レーザーの種類がQスイッチルビーレーザーであれば、ほとんどが産毛が焦げた臭いです。炭酸ガスレーザーであれば、シミやイボの組織自体が焦げた臭いの可能性もあります。どちらにしても、特に問題はありません。

 

 

シミのレーザー治療後に使用するシールの役割は?

シミのレーザー治療後のシールの目的は、シミをきれいに安全に治すことです。シミのレーザー治療は、皮膚の表面にある角質や表皮といった組織にダメージが加わります。この部分は、もともとお肌のバリアの機能をしています。つまり外からの有害な刺激から保護すること、そして身体の水分が失われないようにすることです。この機能が、一時的に失われるわけですから、それに代替するバリアが必要です。これが、シールです。シールの保護がなければ、場合によっては、お肌に余計なダメージが加わるかもしれません。またシールにより、患部の治りが早くなることは知られています。傷は治りが早ければ早いほどきれいに治ります。このように、シールは大切な役割を持っているのです。⇒詳しくはこちら

 

 

シミのレーザー治療後、薬なしで大丈夫?

大丈夫とは限りません。シミのレーザー治療の場合、治療直後は患部に強い炎症が起こっています。この炎症を抑えるため、冷却・抗炎症剤の外用を行います。また、一時的にお肌のバリア機能が低下した状態になりますので、細菌感染予防のための抗生物質を内服します。かさぶたが剥がれた後は、必要に応じて美白剤などで、色素沈着(戻りシミ)のケアを行います。 以上が、当院での通常のアフターケアです。これらをしなくても、うまくきれいに治ってくれることもあります。しかし、アフターケアをしなかったことが原因で芳しくない経過を辿る可能性があります。すべて結果論です。どのような経過になるかを事前に予想することはできませんので、きれいに治るために必要なことを説明し、おすすめしています。ただし、アフターケアの説明を聞いて頂いた後に、それを実行するかどうかは患者様の判断にかかっています。

 

 

シミが厚くなることはある?

シミにはいろんな種類がありますが、通常は老人性色素斑(日光黒子)をいいます。加齢や光老化により、表皮のターンオーバー(新陳代謝)の異常が起きることが原因のひとつだとされています。ターンオーバーの異常、メラニンの異常蓄積により、表皮が肥厚しますので、シミは厚くなる可能性があります。マイクロスコープなどで観察しても、微妙に膨らんでいることが多いです。ある程度厚みが増してしまった場合には、Qスイッチルビーレーザーだけでは取り切れずに、炭酸ガスレーザーが必要になることもあります。

 

 

シミのレーザー治療は一度に何個まで可能か?

シミのレーザー治療は一度に何個でも可能です。当院では、しみやそばかすのQスイッチルビーレーザー治療で一度に数百個の治療は珍しくありません。ただし、治療に必要な表面麻酔の面積はあまり大きくなりすぎると、麻酔中毒のリスクがあります。また、レーザー治療後は、軽いやけどの状態ですので、その面積が大きくなりすぎるのもリスクがあります。安全に治療できる範囲内で難しい場合には、分割して行います。

 

 

シミのレーザー治療を受けた後が赤いが大丈夫?

シミのQスイッチルビーレーザー治療後に赤みがあるのは、特に問題ないことが多いです。赤みの原因は、レーザー治療により一時的な炎症が起こっていること、皮膚が一時的に薄くなっていること、色素沈着(戻りシミ)を防ぐ外用薬を使用していることなどです。どれも一時的なものなので、時間の経過とともに軽快するのが普通です。自己判断をせず、定期的に通院して、診察を受けるのが最も無難な方法です。

 

 

扁平母斑で片側の顔がそばかす様のタイプはあるか?

扁平母斑もいろいろな状態があります。フェイスライン近いところ(もみあげの前やこめかみ付近)に、そばかすのような小さな色素斑の集簇があり、全体として縦長の大きなシミに見えるのは、良くあるパターンです。そばかすと異なるのは、片側にしかないことです。

 

 

色素沈着が何年も消えない?

怪我の後や、レーザー治療の後の色素沈着が消えるまでの期間は、個人差や部位による差があります。顔だと、だいたい6か月以内に消えることが多いですが、条件によっては長引くこともあります。色素沈着の原因となった炎症の度合いや、経過中のケアの方法、部位などを考え合わせて治療を考えます。1年以上経過している場合は、状況によっては、Qスイッチルビーレーザーの適応になることもあります。

 

 

自然とかさぶたになるようなシミはガンですか?

皮膚にできる悪性腫瘍の中には、一見普通のシミのように見えるものもあります。形がいびつであったり、色むらが大きい、色が濃い、触ってもいないのに炎症症状が起きるなどという場合には、安易にレーザー治療を受けずに、ダーモスコピー検査などを行うのがよいです。

 

 

ADM(真皮メラノサイトーシス)と肝斑が混合している場合の治療順序は?

肝斑の状況によります。肝斑は完治するタイプのシミではありませんので、肝斑を治してからADMを治療するという方針では、いつまでたってもADMの治療が進みません。肝斑がとても濃い状況であれば、ある程度薄くするような治療をしてからADMの治療に取り掛かる場合もいありますが、肝斑が薄い場合には、予めトラネキサム酸の内服をしてADMの治療に取りかかる場合が多いです。ADMの治療は時間がかかりますので、なるべく早めに始めるようにしています。

 

 

シミのレーザー治療は何月がいい?

患者様の性格やライフスタイルによります。大雑把で面倒くさがりな性格であれば、治療後のアフターケアが疎かになる可能性があるので、秋から冬にかけてがよいでしょう。日焼けする予定がある方も同様です。シミを治療したい方が日焼けすること自体おすすめできませんが。 肌をきれいにしたいと思っておられる方は、夏場でも極力日光を避けますし、UVケアもしっかりされます。このような方であれば、夏でも問題ないかもしれません。ご心配であれば、涼しい時期にされるとよいでしょう。 フォトなどの光治療に関しては、常識的なケアができているようであれば時期を問いません。

 

 

肝斑にQスイッチルビーレーザーを照射したらどうなりますか?

肝斑そのものに対するQスイッチルビーレーザー照射にはあまり意味はないと思います。 肝斑にQスイッチルビーレーザーを照射すると、シミ同様かさぶたになり、1週間ほどでかさぶたが脱落してピンク色~赤みのあるお肌になります。その後、色素沈着(濃いことが多い)が出て、6か月ほどで元の肝斑の状態に戻ることが多いと思います。レーザーの反応が強すぎれば、白斑化の可能性もあります。白斑化すれば、その部位に関しては肝斑がなくなることもありますが、余計に目立つことが多いため、よい方法とはいえません。

 

 

肝斑の中にあるシミはQスイッチルビーレーザーで治療可能ですか?

治療可能であることが多いです。 肝斑のエリアの中にシミ(老人性色素斑)がある場合、フォトなどの光治療では、シミを薄くできるような強い出力での照射が難しいので、ピンポイントで強く照射できるQスイッチルビーレーザーを使用することが多いです。ただし、治療後の色素沈着は強めにでることが予想されますので、予めトラネキサム酸を内服したり、アフターケアをしっかり行う必要があります。

 

 

Qスイッチルビーレーザーは膨らんだシミ(老人性色素斑)も取れますか?

膨らみの程度と色素の濃さによります。 老人性色素斑は脂漏性角化症(膨らんだシミ、老人性イボ)に移行することがあります。この場合、色素が薄く、膨らみが大きい場合は、炭酸ガスレーザーでの治療が確実です。逆に、色素が濃く、膨らみが少ない場合は、Qスイッチルビーレーザーでも除去できることがあります。この判断は難しいので、診察を受けて頂くのがよいです。時々、老人性色素斑が赤くなって膨らむことがありますが、この場合はレーザー治療はせずにしばらく経過観察することが多いです。

 

 

 

 

フォトシルクプラスQ&A

フォトシルクプラスに関してよくある質問にお答えします。なお、回答は当院での診察および治療方法を基準にしています。したがって、当院以外のクリニックの治療方法に当てはまるとは限りません。同じ治療機器を使用していても、治療方法は大きく異なる場合も多々ありますので、予めご了承ください。

 

 

フォトシルクプラスの治療は痛いですか?

フォトシルクプラスは、痛みの少ない治療です。通常は、痛みが問題になることはありません。表面麻酔(シールやクリーム)を使用することも滅多にありません。 ただし、痛みの感じ方は人それぞれ異なります。治療に支障が出るような痛みを感じられる場合は、必要に応じて表面麻酔を使用します。 フォトシルクプラスの光は、メラニン色素に反応します。したがって、シミの治療がはじめてで、溜まっている色素の量が多い場合は多少の痛みを感じる場合があります。色素は、回数を重ねるごとに減少していきますので、それに伴い痛みも減少します。

 

 

他院でフォトシルクプラスを受けましたが、治療前に説明を受けたような黒いゴマ状のかさぶたはできませんでした。私の肌には効果がないのでしょうか?

治療前のお肌の状態や詳しい設定などにもよりますが、通常はかさぶたができなくても効果はあります。フォトシルクプラスはマイルドな光治療器です。メラニン色素に反応する作用がありますが、基本的には本格的なかさぶたができるほどではありません。 フォトシルクプラスは、元々目立つかさぶたが生じると困る患者様のために設計されています。ただし、表皮の表面近くに濃い色素があれば強めの反応を起こしますので、状態によっては小さなかさぶたができてしまうことはあります。そのような状態ではない場合、もちろんかさぶたはできません。 フォトシルクプラスにはしみの除去以外にも赤みの改善や、肌自体の美白・美肌効果があり、きちんとした技術で治療を行った場合、1回の治療でも実感頂けることが多いです。

 

 

他院で、フォトシルクプラスは何回も治療しないと効果がないと言われました。本当でしょうか?

複数回の治療を受けないと効果がないということはありません。フォトシルクプラスは、当院の治療方法ですと、1回の治療のみでも効果をご実感頂けることが多い治療です。 もちろん、繰り返し行うことで、より高い効果が期待できます。当院では、コース割引設定などもなく、何回分もまとめてご購入いただくようなことをお勧めすることもございませんのでご安心ください。1回1回効果を実感して頂き、その都度必要性を感じて頂き、治療して頂ければ結構です。まずは一度当院のフォトシルクプラス治療をお試し頂いて、効果をご実感してみてください。なお、2回目以降は割引料金での治療が可能です。⇒料金案内

 

 

フォトシルクプラスの治療後に肝斑が濃くなったという話を聞いたことがあるので心配です。

肝斑は特殊なシミです。フォトシルクプラスに限らず、すべての外的刺激(レーザー、ピーリング、紫外線、擦過刺激など)やホルモンの変化などが肝斑に影響すると考えられています。フォトシルクプラスは数ある光治療の中でも、肝斑に対しての効果が認められている機器ですが、肌の状態や設定、照射方法によっては、肝斑が濃くなる刺激となってしまう可能性はゼロでありません。 このようなことを回避するために重要なのが、診察時の十分な問診・観察や治療時の絶妙な照射調整なのです。これは、長年しみ治療を専門にやってきた経験が必要です。 どうぞご安心して当院にご相談ください。

 

 

他院では医師ではないスタッフさんが治療を行っていましたが?

当院では、医師である院長が治療を行います。シミのレーザー治療はもちろん、看護師などが治療を担当することが多いフォトシルクプラスも、院長が行います。これは、治療1回1回の効果を最大限にするためです。 医師以外のスタッフが治療を行う場合、出力設定などは管理する医師が行うことが義務付けられています。また医師以外のスタッフが治療を行う場合、リスクを避けるための無難な設定になってしまうことが多く、効果も限定的になりがちです。 最大限の効果を求めれば、治療中のお肌の状態を見て、細かく設定を変更しながら最大限の治療を行っていく必要があり、これができるのは医師のみだと認識しています。

 

 

フォトシルクプラスの料金がクリニックによってかなり違うのはどうしてですか?

フォトシルクプラスに限らず、美容医療は自由診療なので、治療料金はクリニックによって大きく異なります。保険診療では、治療法に細かい規定があり、料金も一律です。つまり、医師の技量に差はありますが、基本的にどこのクリニックで治療を受けても内容は同じだということです。 自由診療は、治療法も料金も医師が医師の裁量に任せられています。これが保険診療とは決定的に違うところです。同じフォトシルクプラスという機器を使っていても、どのように治療するか(施術者、照射数、照射の仕方など⇒効果)が、クリニックによって全く違うということです。「誰がどのように治療し、どれくらいの効果がでるのか」が治療の価値です。金額的に安くても、治療の価値を考えて、【本当に安いのか】を慎重に検討する必要があります。

 

 

フォトシルクプラスのショット数を教えてください

当院では治療範囲に応じて最低照射数を決めております。全顔150以上、両頬100以上となっています。(実際の治療では必要に応じて、さらに照射数が増えることが多いです。) これは患者様間に不公平が出ないようにするため、また他院との料金比較における患者様の判断材料を提供するためです。 フォトシルクプラスの照射数に規定はありません。10ショットでも100ショットでも1回の治療と言えます。照射数は、多ければ多いほどよいというものでもありませんが、治療の性質上、【少ない照射でよく効く】はずがありません。 当院の治療では1ショットずつお肌の反応を見ながら、最大限の照射を行っていきますので、フォトシルクプラスの治療経験がある方が受けられた場合でも、そのショット数や丁寧さ、出力の差に驚かれることが多いです。是非一度お試しください。

 

 

フォトシルクプラスの出力(数値)について知りたい

出力と効果の関係が知りたいということでしょう。 実は、フォトシルクプラスの場合、同じ出力設定であったとしても、いろいろな条件でお肌への作用は異なります。つまり、効果を考える上で、出力設定だけを見ても、あまり参考にはならないということです。少し参考になるとすれば、同じ治療者が、同じ患者様に治療を行うときの比較くらいでしょうか。 出力とは、機器から出るときの光のエネルギーの大きさのことです。このエネルギーを、お肌にどのように作用させるかによって効果は変わってきます。そのときのお肌の状態、塗布するジェルの温度、厚み、ハンドピースの角度、かける圧力、照射の重ね具合…たくさんの要素で、治療効果のすべてが変わってくるのです。フォトシルクプラスは、日焼けマシーンのような全自動機器ではありません。使う人間次第なのです。だから、きちんと診察して、誰が、どのように治療をするのかが重要なのです。

 

 

フォトシルクプラスをしたが、かさぶたできない。効いてないのでしょうか?

Qスイッチレーザーなどによるシミ取り治療と異なり、フォトシルクプラスの場合、治療後にかさぶたができないことは特別な状況ではありません。 かさぶたとは、通常怪我したときに出る体液や血液が固まったものですが、シミのレーザー治療の場合は少し違います。この場合、シミの色素を含む皮膚の組織がレーザーの熱エネルギーによって壊れた残骸のようなものです。つまり、軽いやけどの状態といえます。 フォトシルクプラスは、お肌の全体的な改善を目的とする治療です。そのため、お肌全体に照射できるよう、エネルギーがマイルドに設計されています。通常、メイクができないような目立つかさぶたができることはありませんし、それがフォトシルクプラスのメリットでもあります。 ただし、色素に反応する光なので、お肌の表面に濃い色素がある場合には、パワーによっては、強めの反応が起こり、小さなかさぶたができることもあります。これらの小さなかさぶた(マイクロクラスとと呼ばれることもあります)は、フォトシルクプラスによる治療が初めての方や、久しぶりの治療の方(皮膚表面近くに色素が溜まっている状態)に出やすいです。 かさぶたができなかったからといって、効果がないということでもありません。フォトシルクプラス治療の場合は、かさぶた(つまりやけど)ができなくても、色素は分解されますし、お肌は活性化するのです。

 

 

フォトシルクプラス クリニックによって値段が違う理由は?どこで受けても同じ効果でしょうか?

治療費に関しては、一概には言えませんが、誰(施術者)が、どのように、どれくらいの治療をするかによって異なると思います。安いなら安い理由が必ずあるのは、世の常です。 美容皮膚科で使用する医療機器は、自動で治療するわけではありません。(中には自動のものもありますが)日焼けマシーンのように、中に入ってタイマーをセットしたら勝手にやってくれるわけではないのです。 医療機器は道具です。料理人でいうところの包丁みたいものです。いい包丁を使えば、誰でも美味しい料理ができるわけないのはどなたでも理解できるはずです。医療機器も同じだと考えています。誰が、どのようにやるのかにより、得られる効果も治療に必要なコストもすべて違うのです。いろいろなクリニックで治療すると、その違いが実感できるはずです。

 

 

フォトシルクプラスを受けたがショット数が少なかった

フォトシルクプラスの1回治療に決まった照射数はありません。数十発しか照射しないクリニックもありますが、当院のように全顔で200発近く照射するクリニックもあります。治療を担当する人の性格や熱意、治療費用の安さもありますが、考え方の違いによるところも大きいです。当院では、フォトシルクプラスをシミの改善だけの目的で使用しているわけではありません。全体的な肌質改善を目的としています。全体的な肌質改善ですから、お肌全体に隙間なく万遍なく照射する必要があります。そうすると自然と照射回数が多くなるのです。

 

 

フォトシルクでシミがとれないのはなぜ? 効果がなかったら?

フォトシルクプラスは、どんなシミでも取れるような設計がされていないからです。つまり、メラニン色素やそれを含むシミの組織を完全に破壊するほどのエネルギーを与えられていないのです。 どんなシミ(老人性色素斑)でも確実に取るには、Qスイッチルビーレーザーや炭酸ガスレーザーなどが必要です。これらのレーザーは、治療後に目立つかさぶたができる(=軽くやけどする)ほどの反応があります。フォトシルクプラスでどんなシミでも目立つことなく取れるのであれば、Qスイッチルビーレーザーなどが存在する意味がありません。 フォトシルクプラスは、お肌全体に照射するように設計されています。仮に、フォトシルクプラスにQスイッチルビーレーザーのような反応があるとすれば、治療後はお肌全体が軽いやけどを起こす可能性があり、大変な思いをしなければなりません。 フォトシルクプラスは治療後に目立たないことが特徴の治療です。マイルドなエネルギー特性なので、取れるシミ(濃くて小さなシミ)もありますが、何回やっても取れないシミ(大きいもの、色が薄いもの、厚みのあるもの)もあるのです。そのかわり、全体的に照射できるのでくすみが改善しますし、お肌も活性化するのです。 フォトシルクプラスで取れないようなシミに対しては、Qスイッチルビーレーザーの適応となります。

 

 

フォトシルクプラス治療後の水ぶくれやミミズ腫れ

治療直後から出てきて、線状もしくは四角に近い形の水泡やミミズ腫れなら、フォトシルクプラスによるやけどの可能性がありますが、頻繁に起きるものではありません。 そのようになってしまった場合、それ以上のダメージを与えないように注意して、きれいに治す必要があります。 一般的な処置としては、可能であればハイドロコロイドのシールを貼って患部を保護します。通常は1週間ほどで、新しい皮膚が再生しますので、シールを剥します。その後は色素沈着を最小限にするよう、外用薬を使用するのがよいと思います。 フォトシルクプラスは、皮膚の奥深くに届くエネルギーではないので、傷痕などが残る心配は少ないといえます。 治療直後ではなく、翌日などに小さな水泡が両頬などに多数出現し、かゆみなどの症状を伴う場合、何らかのアレルギー症状が考えられます。非常に稀ですが、光に対するアレルギーもあり得ます。他にはヘルペスの活性化などもあり得ます。 いずれにしても、患者様ご自身ではなかなか判断できないと思われますので、信頼できる医師の診察を受けるのがベストです。

 

 

フォト(光治療)は、診察を医師が行い、実際の治療は看護師が照射するのが普通ですか?

フォトシルクプラスなどの光治療は、マイルドだから安全と思われているのか、診察だけは医師が行い、医師の管理のもと、実際の治療は医師以外のスタッフが行うことがほとんどです。治療を行うスタッフは看護師の場合が多いですが、中には免許を持たないスタッフが担当することもあるようです。 当院では、診察も実際の照射もすべて院長(医師)が責任を持って行います。言うまでもないですが、効果と安全性のためです。フォトシルクプラスは治療中のお肌の観察や照射方法により治療効果が全く違ってきます。

 

 

上まぶたにフォトシルクプラスの照射はできますか?

コンタクト型アイシールドを装着すれば、照射自体は可能だと思いますが、効果が出るような照射は難しいと思いますので、当院では行っていません。 フォトシルクプラスの光はレーザーと違い、散乱光(広がる光)であり、1ショットの照射面積が大きいです。上まぶたはまつ毛と眉毛に囲まれたエリアでとても狭い部分なので、無理すればどちらも焦げてしまう可能性があります。それを避けようとすれば、とても中途半端な照射になってしまい、治療の意味自体が薄れます。 上まぶたのしみやそばかすが気になる場合は、Qスイッチルビーレーザーがベストです。レーザーですので、光が広がって睫毛・眉毛が焦げる心配もないですし、どんなに入り組んだ場所にある小さいしみでもピンポイントに照射でき、確実に取ることが出来るからです。コンタクト型アイシールドを装着すれば眼への影響も心配ありません。

 

 

フォトシルクプラスなどの光治療はシミが再発しやすいですか?

フォトシルクプラスは、マイルドな光治療です。色素が濃く、小さなシミの場合は、完全に除去できる場合もありますが、大きめのシミや色素の薄いシミの場合は、消えたように見えてもシミの組織が残存している場合が多いです。 シミの組織が完全に除去されていませんので、徐々に色素が濃く戻ってくることが多いのです。厳密にいえば、この状況は再発ではなく、単にシミが取り切れていないだけと言えます。ある程度の大きさのシミを完全に除去するには、Qスイッチルビーレーザーが必要です。

 

 

フォトシルクプラスはレーザーではない?

光は様々な波長(種類)の光の集合体といえます。レーザーとは、そのうちのひとつの波長の光を強めたものです。これは、単一の目的を達成させるために考えられています。たとえば、ルビーレーザー(波長694nm)は、メラニン色素には強く吸収されますが、その他のもの(ヘモグロビン:赤みや水)にはほとんど吸収されない光です。光が持つエネルギーをメラニン色素(しみ)の破壊のみに集中させて、しみを完全除去する目的を果たすように設計されています。 フォトシルクプラスなどはレーザーではなく、光治療と呼ばれ、たくさんの光の集合体です。メラニン色素(しみ・くすみ)やヘモグロビン(赤み)、水(肌自体)などに反応します。光が持つエネルギーは、分散されますので、ひとつひとつの目的に対する効果は、レーザーには及びませんが、しみ・くすみ・赤み・肌質改善など、効果が多岐にわたることが特徴です。

 

 

フォトシルクプラスを鼻のそばかすに照射してもらいましたが、全く反応しませんでした。

フォトシルクプラスに限らず、ほとんどのレーザーや光治療は、皮膚面に対して垂直に照射して初めて本来のポテンシャルが発揮できるように設計されています。フォトシルクプラスに関しては、元々お顔全体のお肌を隙間なく治療するために設計されていますので、ハンドピースもある程度の大きさがあり、1ショットの照射面積も大きいため、鼻など複雑な形状で入り組んだ場所へは、垂直に照射することが難く、最適とは言えません。このような部位への照射では、フォトシルクプラスの本来のポテンシャルを出すことが難しいのです。 入り組んだ場所へのピンポイント治療に関しては、Qスイッチルビーレーザーが最適です。どんな場所でも確実な治療が可能です。

 

 

フォトシルクプラスはシミやくすみだけでなく、老人性血管腫や毛細血管拡張赤ら顔、ニキビ跡の赤み などにも効果がありますか?

フォトシルクプラスは、Qスイッチルビーレーザーと異なり、メラニン色素(茶色)だけに効くわけではなく、ヘモグロビン(赤色)にも良く反応します。したがって、老人性血管腫(赤いイボ)や赤ら顔、ニキビ跡の赤みにも高い効果が期待できます。経験上、特にニキビ跡の赤みに対しては、うまく照射すれば、かなりの改善効果が期待できると考えています。

 

 

フォトシルクプラスの治療に保険証は必要ですか?

フォトシルクプラスの治療は、すべて健康保険適応外なので、保険証は必要ありません。

 

 

フォトシルクプラスはほくろの治療に有効ですか?

あまり有効とは言えません。 ホクロは、シミに比べて色が濃い分、フォトシルクプラスの光に強い反応が見られるのが普通です。その結果、治療後はかさぶたになることが多いです。 しかし、ホクロはシミに比べて深いことが多いので、フォトシルクプラスで完全に除去できることは少なく、たいていは薄くなった状態で残存します。 ただし、稀なケースですが、フォトシルクプラス治療による刺激により、より色素が濃くなって再発したり、大きくなることもあります。当院では、フォトシルクプラスの治療の際、目立つホクロに関しては、シールなどで保護し、照射を避けることをおすすめしています。

 

 

フォトシルクプラスはイボに効きますか?

完全に除去することは難しいですが、有効な場合があります。イボには、いろいろな種類があります。老人性イボ(脂漏性角化症)は、色素を伴うことが多く、小さくて色が濃い場合、フォトシルクプラスに強く反応してかさぶたになり、除去できる可能性があります。しかし、隆起(膨らみ)が大きい場合、色素が薄い場合は、フォトシルクプラスの治療では不十分で、炭酸ガスレーザーが必要になるのが普通です。ウイルス性イボ(尋常性疣贅など)の場合は、色素がほとんどありませんので、フォトシルクプラス治療は有効ではありません。

 

 

フォトシルクプラスなどの光治療で白斑化(白抜け)が起きる危険性はありますか?

通常、シミの光治療での副作用で白斑化は考えにくいです。フォト治療は、メラニン色素に対してマイルドに反応するように設計されていますから、白斑化が起こるような強いダメージを与えることは非常に稀でしょう。しかし、火傷などを起こした場合や、レーザー治療後の色素沈着(戻りシミ)に対して強い出力で治療した場合などは、白斑化の原因になりえるかもしれません

 

 

フォトシルクプラスの一回だけの治療でも効果は実感できる?

フォトシルクプラスの効果は1回目が一番実感しやすいかもしれません。表層にある色素が光に反応して小さなかさぶた(マイクロクラスト)を形成し脱落することが多いです。1週間前後で細かいシミが薄くなるのを感じることが出来ます。「5回くらいやらないと効果がない」などの文言をよく目にしますが、そんなことはありません。ただし、お肌の若返りという観点で考えた場合は、5回くらい治療を繰り返すのがベストといえます。その後も可能であれば、一定期間ごとには繰り返すのがよいです。お肌を常に新鮮に保つことが、お肌のアンチエイジングに役立つからです。

 

 

フォトシルクプラスでシミやくすみが悪化(逆に濃くなる)ことはありますか?

フォトシルクプラス治療では、メラニン色素に反応して分解し、シミが薄くなるのが普通です。治療後にシミが濃くなるケースは、色素沈着やホクロの存在が考えられます。 フォトシルクプラスは、マイルドな治療ですので、通常は炎症後色素沈着(戻りシミ)を起こしにくいのですが、治療対象とするシミの色が濃い場合、治療時のお肌の状態が良くない場合、お肌の状態に対して出力が強すぎる場合、治療部位に肝斑が存在する場合などには、強い炎症を起こし、炎症後色素沈着が出現する可能性があります。この場合は、一定期間シミが濃くなる現象が見られる可能性があります。ただし、適切なアフターケアを行えば時間の経過とともに薄くなることが多いです。

 

 

フォトシルクプラス後の外用クリーム必要か?

フォトシルクプラスに限らず、レーザー治療や光治療は、お肌に安全な形でダメージを与える治療です。したがって、治療後は多少なりとも炎症を伴うため、炎症止めの外用薬は使用した方がよいでしょう。強すぎる炎症は色素沈着などを起こす可能性があるからです。また、フォトシルクプラスの場合は、治療後メラニン色素の産生を抑える外用薬(ハイドロキノンなど)も有効です。

 

 

フォトシルクプラスは肝斑には照射できない?肝斑は悪化する?

フォトシルクプラスは肝斑に対しても照射可能です。ただし、肝斑の状態(色素の濃さ、トラネキサム酸内服の有無など)に合わせた方法で照射しないと、逆に濃くなる可能性があります。これは、フォトシルクプラスに限らず、ほとんどのレーザー治療・光治療に共通のリスクです。肝斑に対しては、弱すぎれば効果が少なく、強すぎればリスクが高くなるので、絶妙な調整が必要になります。

 

 

フォトシルクプラスは炎症がある部位にも照射可能か?

フォトシルクプラスに限らず、ほとんどのレーザー治療・光治療は、お肌に安全な形でダメージを与えることにより効果が出ます。したがって、強い炎症があるなど、すでに治療部位に大きなダメージがある場合は、治療によりお肌の限界を超えてしまう可能性があるため、治療をおすすめできません。炎症が治まってからの治療が安全と言えます。ただし、炎症がニキビによって起きている場合は、問題なく照射可能な場合が多いです。フォトシルクプラスは、ニキビ跡の赤みにとても効果的です。

 

 

いろいろな光治療機器がありますが、フォトシルクプラスのメリットはなんですか?

上でも説明していますが、一番のメリットはハンドピースの大きさ・重さ・形状・操作性だと考えています。これらの要素は照射しやすさに影響し、照射しやすさは、(技術が伴えば)効果に直結すると考えています。光の特性なども各機器ごとに違いがあるのですが、効果にとってそれほど重要だとは考えていません(一流メーカーの機器はどれも優秀な光特性です)。

 

 

フォトシルクプラスはクマにも有効?

クマの原因はさまざまです(⇒こちら)。この中でフォトシルクプラスなどの光治療で改善する可能性のあるのは、色素沈着や血管のいわゆる色グマです。しかし、クマは部位的に目に近く、ゴーグルをした状態ではしっかり照射するのは難しい部位です。あまり無理をすれば、目に影響が出たり、睫毛が焦げてしまったりするリスクがあります。 クマの原因の大部分を占めるのは、凹みによる影グマです。フォトシルクプラスなどの光治療は影グマにはあまり有効ではありません。

 

 

フォトシルクプラスの出力と効果の関係

フォトシルクプラスに限らずほとんどのレーザー治療・光治療は、治療対象物に熱エネルギーを与えて、リニューアルを図ることが効果につながる治療です。したがって、与える熱エネルギーの大きさ=出力が効果に与える影響は大きいと言えます。お肌を活性化することができないほど弱い出力では効果を望めませんが、出力が強ければ強いほどいいというわけではありません。お肌の状態とのバランスが重要です。お肌の状態に対して強すぎる出力では、逆にくすみなどが悪化する可能性もあるからです。このバランスは治療中のお肌の観察によります。当院では、効果と安全性を重視していますので、医師自身が照射いたします。⇒こちら

 

 

フォトシルクプラス 効果の持続期間は?

ボトックスやヒアルロン酸などの治療と違い、フォトシルクプラスの効果に明確な持続期間はありません。フォトシルクプラス治療により、シミは薄くなり、お肌は活性化されますが、加齢とともに、再びお肌の代謝が悪くなり、シミやくすみができやすくなります。お肌の老化スピードは人によって大きく違います。したがって、フォトシルクプラスの効果の持続時間も人によりさまざまだと考えています。

 

 

フォトシルクプラスは何回目の治療までかさぶたができますか?

フォトシルクプラスにおいて、小さなかさぶた(マイクロクラスと)が出やすいのは、皮膚表面に色素が多い場合です。通常は、初回(光治療などを受けたことがない状態)や、久しぶりの治療時にかさぶたができやすいです。 1回目で適切な治療がされていれば、2回目以降の治療では、かさぶたが大幅に減るでしょう。毎回かさぶたになるようだと、お肌の状態に対して出力が強すぎる可能性があります。お肌のダメージが強ければ、治療後に色素沈着が起きることがあり、この色素沈着にフォトシルクプラスが反応して、また色素沈着を起こすという悪循環が考えられます。このような場合には、適切な治療間隔を空ける必要がありますと考えられます。

 

 

フォトシルクプラスとレーザーはどちらがシミに対して効果がある?

レーザーとフォトシルクプラスは治療の目的が違いますので、比べることができません。レーザーの目的は、個々のシミを少ない治療回数で確実に除去することです。フォトシルクプラスの目的は、お肌全体の活性化とシミを薄くすることです。目的に合わせた選択が必要です。

 

 

フォトシルクプラスの治療後に腫れることがありますか?

稀ですが、フォトシルクプラス治療後に赤く腫れることがあります。特に、入浴やサウナなどで身体が温まったときに起きやすいようです。通常は一時的ですので、炎症止めの外用薬を数日使用すれば軽快します。

 

 

フォトシルクプラスができない可能性のある場合は?

光線過敏症・光アレルギー(非常に稀)、光線過敏を起こす薬剤を内服している場合、皮膚に強い炎症がある場合、皮膚が極端に色素沈着(日焼け含む)している場合、ヘルペス治療中、皮膚に悪性腫瘍の可能性がある部位、皮膚になんらかの色がついている場合(刺青など)、てんかんの既往歴、妊娠中などでしょうか。その他は、診察時に判断します。

 

 

フォトシルクプラス治療後のかさぶたが、なかなか剥がれない

Qスイッチルビーレーザーなどの治療後にできるかさぶたに比べると、フォトシルクプラスによってできたかさぶたが剥がれるまでには時間がかかることが多いです。部位によっては2週間前後かかることもあります。しかし、かさぶたである以上必ず剥がれると考えられます。もし、長期にわたり剥がれないのであれば、かさぶたではない(色素沈着など)可能性があります。

 

 

フォトシルクプラスの治療後は洗顔ができますか?

フォトシルクプラスの治療後は、洗顔に制限はありません。たたし、お肌は普段よりも少し敏感になっていますので、強く擦らず優しく行うようにしてください。

 

 

フォトシルクプラスのお試し治療での効果は?

どの程度のお試し治療かにもよりますが、通常は値段を極力安くして部分的に何発か照射するだけということが多いと考えられます。目的は、治療の雰囲気(光のまぶしさや痛み)を確認することではないでしょうか。このようなやり方で、フォトシルクプラスの効果を感じることは難しいと思います。当院では、このようなお試し治療は行っておりません。

 

 

フォトシルクプラス治療後にほくろ膨らむ?

フォトシルクプラスはメラニン色素に反応する光を使用しています。色素の濃いホクロなどは反応が強く出る場合があります。通常は、ホクロの色素が薄くなる変化を起こしますが、稀に刺激により逆に色素が濃くなったり、大きくなったりする可能性があります。ただし、治療直後にホクロが膨らんだのであれば、一時的なものだと考えられます。

 

 

フォトシルクプラス治療後にシミができた

フォトシルクプラスを行った後、通常の経過で、シミが発生することは考えにくいです。多くの場合は、治療前から存在しており(治療前写真で確認できます)、治療後にはお肌をよく観察するようになるため、気づくというものです。それ以外では紫外線の影響が考えられます。フォトシルクプラスの治療後は、短時間ですがお肌が敏感になっています。このようなときに、強い紫外線を浴びてしまうことがシミの原因になることは考えられます。また、通常の経過ではなく、水泡になったなどのトラブルの際には、炎症後色素沈着が出現することは考えられます。この場合は、シミのように円形に近い形ではなく、線状や四角形(フォトシルクプラスの照射野の形に関連)に色素沈着する場合が多いです。

 

 

 

 

肝斑Q&A

このQ&Aの回答については、当院での診療を基準にしています。当院以外のクリニックの診療に当てはまるとは限りません。同じ治療機器・医薬品を使用していても、治療方法は大きく異なる場合も多々ありますので、予めご了承ください。

 

 

他院で肝斑だと診断され、内服のお薬を処方されました。もう何か月も飲んでいますが、全く変化がありません。レーザー治療でよくなりますか?

レーザー治療と内服療法の併用が効果的です。 肝斑治療における代表的な内服薬はトラネキサム酸です。トラネキサム酸は肝斑の部位において、色素細胞がメラニン色素を作るのを抑制します。お肌の代謝の良い状態なら、時間と共にお肌の代謝で色素が排出され、肝斑が薄くなります。 お肌の代謝が悪い状態だと、トラネキサム酸が効いていても、なかなか薄くならない可能性もあります。ここで重要となるのがお肌の代謝ですが、これを良くするのが、レーザー治療や光治療、ケミカルピーリングです。 当院では、トラネキサム酸のみでは肝斑が薄くならない方には、レーザー治療やピーリングと内服療法の併用をお勧めしています。 肝斑は、様々な要素の影響を受けます。外部からの強い刺激(擦るなど)や内側からのホルモンの影響など、メラニン色素の産生が促される要素が強ければ、いくら代謝が良くても、なかなか薄くならない可能性もあります。 そして、しばしば目にするのが、そもそも肝斑の診断自体が誤っている場合です。 肝斑は、状態によっては診断が難しいこともあります。ADMなどが肝斑と診断され、延々とトラネキサム酸を処方されている例が多いですが、トラネキサム酸はADMに対しては、全く効果がありません。 一度正しい診断のため、ご来院頂くことをお勧めいたします。

 

 

肝斑は治療しても治らないと病院で言われました。本当でしょうか?

完治させることは難しくても、薄くすることは可能です。 肝斑は体質的なものなので、治療などによって、完治させるのは難しいです。つまり、一時的に良くなっても、再燃する可能性があるということです。治療によって、体質を変えることはできません。 しかし、適切な治療により、濃く出ている肝斑を薄くすることは可能です。肝斑が薄くなった後に、しっかりした日常生活のケアや、適切な内服薬の使用により、肝斑が薄い状態をキープすることは可能なので、治療を受ける価値は高いと考えています。

 

 

肝斑は閉経したらすぐに消えるものですか?

閉経後すぐに消えるとは限りません。 当院の経験では、閉経後すぐに肝斑が消える方は少ないです。多くの方は、閉経後もしばらくの間、肝斑と付き合っていく必要があります。自然に消えるのを待つのも一つの方法ですが、消えるまでずっと我慢しなければなりません。治療によって肝斑が薄い状態になれば、楽しく過ごすことが出来ると患者様には好評です。

 

 

肝斑治療後の日常生活上での注意点はありますか?

肝斑は、日常生活上でのケアが重要です。 特に気を付けて頂きたいのは、擦る刺激を避けることです。患者様の中には、どうしても気になるので無意識に触っている方がいらっしゃいます。擦る刺激は肝斑を濃くする代表的な刺激です。意識して必要以上には、触らないようにしないといけません。紫外線予防も重要です。

 

 

肝斑にレーザー治療は禁忌と聞きましたが、大丈夫なのでしょうか?

レーザー治療にもいろいろあります。 レーザー治療にもいろいろあります。一般的に、しみ取りで使用するQスイッチルビーレーザーなどは肝斑を濃くする可能性が高いので確かに禁忌といえます。しかし、このQスイッチルビーレーザーも肝斑に混在する普通のしみを除去するには必要不可欠な存在です。一概にレーザー治療が禁忌なのではなく、肝斑の特性をきちんと理解した使い方ができないと、肝斑を悪化させる原因になり得るということです。当院では、肝斑の治療目的の場合は、肝斑への効果も認められている光治療器であるフォトシルクプラスとヤグレーザーを用います。どちらも適切に使用すれば、肝斑に有効です。

 

 

肝斑としみが混じっている場合、しみの治療は可能でしょうか?

もちろん可能です。 Qスイッチルビーレーザーを用いることが多いです。肝斑を刺激することになりますので、通常の経過より色素沈着などが強く出る可能性がありますが、適切なアフターケアを実施することにより、通常は時間と共に薄くなっていきます。 状態にもよりますので、詳しくは診察時に医師にお尋ねください

 

 

トラネキサム酸は、保険で処方してもらえますか?

トラネキサム酸は肝斑への保険適応はありません。 保険では処方できず自費での処方となります。当院では、適当な保険病名を勝手に付けて保険適応で処方する(=国にお金を請求する)などの行為は一切いたしません。

 

 

トラネキサム酸は血がドロドロになると聞いたことがありますが、大丈夫なのでしょうか?

トラネキサム酸で血液がドロドロになり固まりやすくことはありませんが、止血作用はあります。 このため、もともと血液が固まりやすくなっている方(血栓症、女性ホルモン補充治療中、重度の喫煙者など)は避けた方がよいでしょう。トラネキサム酸は、副作用が少ないお薬なので、健康な方には通常は問題ありません。

 

 

肝斑にとって一番効果的な医療機器はどの種類ですか?

医療機器の種類というよりは、施術者の知識と技量の問題です。 現在、多くのレーザー治療器が開発されています。その中には、肝斑に有効とされる機器も複数あります。どの機器においても必要なのは、肝斑の特性を知ること、そして適切な照射方法ができることです。肝斑のレーザー治療の目的は、肝斑に刺激にならないような設定で、色素をマイルドに分解すること、そしてお肌の色素代謝を高めることです。この目的が達成できる機器であれば問題ありません。当院では、フォトシルクプラスとヤグレーザーを用いています。

 

 

肝斑にレーザートーニング(ヤグレーザー)をすると白くなる白斑(白抜け)になると聞いたのですが本当ですか?

肝斑治療にQスイッチヤグレーザーを低出力で使う治療があります(レーザートーニングと呼ばれています)。過去に、この治療で治療部位がまだらになったり、部分的に白く抜ける(白斑化)などの報告が学会であったそうです。この報告についての詳細は、当院では分かりません。 できてしまった白斑を改善させる治療は難しいですが、白斑化が一時的な色素細胞へのダメージで起こっている場合は、時間の経過とともに、自然に回復する可能性があると考えています。 当院で肝斑治療などに使用するレーザーはQスイッチヤグレーザーではありませんので、ご安心ください。

 

 

ルビーレーザーは肝斑治療してもいいの?

通常、肝斑を治療するのにルビーレーザー(Qスイッチ)は使用しません。肝斑に使用した場合、その強い刺激から濃い色素沈着を起こす可能性が高いこと、白斑化する可能性があることなどが理由ですが、一番の理由は治療効果が少ないことです。肝斑は、普通のシミ(老人性色素斑、日光黒子)とは根本的に異なりますので、色素を強く破壊することで改善させるのは難しいと考えています。ただし、肝斑のエリアの中に存在している普通のシミに対しては、フォトなどの光治療よりも、Qスイッチルビーレーザーが有効です。(理由は、文章で説明するのが難しいので割愛します)

 

 

肝斑は治りますか?

とても難しい質問です。YESともNOとも言えます。肝斑は体質(色素細胞の異常)だと考えています。体質である以上、治療で根治させるのはとても難しいといえます。強いレーザー治療を繰り返し行い、異常な色素細胞を除去すれば、完治しますが、色素産生ができなくなりますので、白斑化します。これでは治療とは言えません。逆に体質であるから、自然に治ることもあるのです。治療はあくまで対処療法だと考えています。「最新のレーザー治療で肝斑は完治可能」というニュアンスの宣伝も見かけますが、特別なわけではありません。すべて対処療法だと考えています。しかし、対処療法でもうまくコントロールできれば、肝斑が目立たない状態を維持することができるので、治療の価値は大きいです。

 

 

肝斑はさわらなければ治る?摩擦や刺激が原因?

前述したように肝斑は体質のため、自然と治ることはありますが、治療で根本的に治すことは難しいです。肝斑の悪化因子には、様々なものがあります。有名なのは、ホルモンですが、摩擦刺激も重要だと考えられています。肝斑を気にするあまり、無意識に患部をさすっている患者様をよく目にしますが、これは肝斑の悪化の原因になります。肝斑部を必要以上に触らないことを、意識的に実践するだけでも肝斑は改善することが多いです。

 

 

肌の新陳代謝良くして 肝斑消える?

お肌の色は、色素細胞が作り出すメラニン色素の量と、お肌の代謝によって排出されるメラニン色素の量の収支で決まります。肝斑では、普通の方に比べて、作り出されるメラニン色素が多いので、茶色く見えるのです。肝斑を薄くするには、作り出される色素の量を減らして、お肌の色素排出(代謝)を増やすことが必要です。新陳代謝を良くするためにクリニックで行うのが、レーザー治療・フォト治療・ピーリングなどです。保湿や化粧品などによるホームケアと比べると効率が全く異なります。ただし、これらがお肌にとって強い刺激になると、色素産生が増えてしまうので、微妙な調節が必要なのです。

 

 

フォトシルクで 肝斑一回でとれるか?

なかなか難しいと思います。肝斑は、強い刺激に対して濃い色素沈着を起こす性質を持っています。厚いかさぶたが出来るほどの反応は、逆効果になる可能性が高いです。肝斑にとって刺激になりにくいマイルドな設定で回数をかけて薄くしていくのが通常のやり方です。

 

 

メガネ跡のように皮膚の色が変わるくすみは肝斑ですか?

サングラスをして日焼けしたわけでもないのに、眼鏡(メガネ)跡のようなくすみが出てきた場合は、高い確率で肝斑だと思います。肝斑の出方は特徴的で、どういうわけだか、下まぶたの目に近い部分にはできないのです。普通のシミと違い、肝斑は形のはっきりしないくすみであることが多いため、下まぶただけが白く見えます。これが眼鏡(メガネ)跡のように見えるのです。

お問い合わせ0120-084-112

診療時間
(予約は17:00まで)

休診日:水曜日・日曜日・祝日