銀座 皮膚科 美容皮膚科 形成外科 しみ しわ たるみ

MENU

ヒアルロン酸の持続期間が長いのはなぜ?

ヒアルロン酸の持続期間が長い理由

 

このページではヒアルロン酸の持続期間についての私見をご紹介いたします。
長年の経験と観察のみによる見解ですので、参考程度にしてください。

 

注入されたヒアルロン酸は、一般的に6か月~12か月で吸収されてなくなると言われています。

 

実際にこの期間、もしくはこの期間以下の短期間で吸収されたと思われる症例も多々あるのですが、この期間以上、それも何年も残存しているとしか思えない症例も多いのです。

 

このことは、実際に治療を経験された患者様が一番よく実感されているはずです。

 

この理由についての私見が「被膜形成」です。身体には異物に反応する働きがあります。

 

たとえば、シリコンプロテーゼを挿入してしばらくすると、その周りに線維性被膜というのができます。

 

異物であるシリコンプロテーゼと自身の組織との間に隔壁を作るのです。固体のプロテーゼの被膜形成については、広く知られている事実です。

 

ヒアルロン酸も身体にとっては異物に相当するため、被膜形成を起こしても不思議ではありません。

 

実際に、被膜が観察されている例もあります。⇒(こちら:ヴェリテクリニック名古屋院院長李政秀先生のブログより)

 

ヒアルロン酸の吸収には酵素が関係していると考えられています。注入されたヒアルロン酸に組織中の酵素が作用してヒアルロン酸を分解吸収するのです。

 

被膜形成を起きると、ヒアルロン酸は組織から隔絶されます。つまり酵素が作用しにくくなるので吸収が大幅に遅れます。

 

このことが、予想よりはるかに長い持続期間に繋がるものと考えられるのです。

 

被膜形成自体は身体の自然な反応であり、特に悪いことではありません。豊胸手術においては、被膜硬縮(被膜が硬くなり縮む現象)が最もポピュラーな合併症として有名ですが、

 

現在までのところ顔へのヒアルロン酸注入において、被膜が硬くなって困るといった例は見たことがありません。シリコンプロテーゼとヒアルロン酸では、できる被膜の質が違うのかもしれません。

 

また、ヒアルロン酸が吸収され、なくなってしまえば被膜自体も吸収消失されるのが普通です。つまり被膜だけがずっと残ってしまう心配もほとんどないのです。

 

これらのことより、ヒアルロン酸の効果が好ましい状態であれば、この被膜形成により吸収が遅れ持続期間が長くなることは、患者様からすれば歓迎すべきことだといえます。

 

しかも、ヒアルロン酸には、専用の溶解注射があります。何か問題が起きるようなことがあれば(滅多にそのような状況にはなりませんが)、溶解してリセットが可能です。

 

このようなヒアルロン酸の被膜形成ですが、長年の経験により言えることは、いつでもどこでも起きるわけではないということです。

 

被膜形成を起こしやすい部位、注入の深さ、注入の仕方があるように思えます。

 

ちなみにヒアルロン酸以外の皮膚充填剤において、被膜形成によるこのような持続期間の大幅な延長を実感したことはありません。

 

どんなに持続期間が長いと謳われている皮膚充填剤でも、被膜形成を伴ったヒアルロン酸には適わないのではないでしょうか。(使用を禁じられている非吸収性のものは除く)

 

これ以上の詳しいことを知りたい方は、診察に来て頂き、直接医師にお尋ねください。

お問い合わせ0120-084-112

診療時間
(予約は17:00まで)

休診日:水曜日・日曜日・祝日