銀座 皮膚科 美容皮膚科 形成外科 しみ しわ たるみ

MENU

たるみとは?

たるみは取れるのか?

最近輪郭が変わってきた…
なんだか顔がでこぼこしてきた…
痩せてないのに頬がこけてきた…
これらはたるみが原因かもしれません

 

たるみとは、簡単に表現するなら「皮膚のあまり」「垂れ下がり」です。弾力・復元力がなくなった皮膚は引っ張れば伸び放題下がり放題。その結果、皮膚は薄く引き伸ばされて、あまってしまうのです。あまった皮膚はうねりとなって、お肌の表面に凹凸を作ります。

 

  • たるみの少ないお肌
    元気なお肌は弾力や復元力がありますので、伸びてあまることはありませんし、重力に負けて下がることもありません。お肌にあまりがないので、凹凸になる余裕はなく、均一な印象です。
  • たるみの多いお肌
    お肌の力が弱くなり、重力に逆らえずに下がってきます。重力だけではなく、表情の動きですら負担になり、伸びて余ってしまうのです。余った皮膚がうねりを作るので、余計な溝がたくさんでき、影が多くでこぼこした不均一な印象になります。

 

たるみは本当に治療で取れるのか?

いい時代になりました!
一昔前なら大々的な手術しかなかった、たるみ治療の選択肢
今なら「切らない選択肢」もあります!

 

治療は皮膚のあまりを減らし、持ち上げること
  • フェイスリフト手術:皮膚のあまりを切除し持ち上げる

  • 糸による治療:糸で引っかけて持ち上げる

今は「切らなくても」「異物(糸)を入れなくても」改善可能なのです!レーザーや高周波、超音波の熱エネルギーにより皮膚や筋膜を縮めて土台から持ち上げる!

お問い合わせ0120-084-112

診療時間
(予約は17:00まで)

休診日:水曜日・日曜日・祝日