銀座 皮膚科 美容皮膚科 形成外科 しみ しわ たるみ

MENU

なぜ吸収されるヒアルロン酸を使うのか?

吸収されるヒアルロン酸は安全性の裏返し

コラーゲンやヒアルロン酸、カルシウム製剤…

さまざまなしわ治療の皮膚充填素材(フィラーと呼びます)がありますが、すべてある程度の期間で吸収されるように開発されています。

 

いい効果が出るなら持続期間は長い方がいいと考えるのが自然です。

 

しかし、あえて期間限定にしているには理由があります。⇒安全性のため

 

これらのフィラーはゼリー状ではありますが、液体なのです。液体だからこそ、メスで切るような手術をしなくても注射で簡単に入れることができるのです。

 

そして液体は浸透や拡散するという性質を持っています。組織の中に注入されたフィラーは組織に浸透したり拡散する可能性があるということです。

 

このような性質をもっているため、いったん組織の中に入れられたフィラーは、完全に取り出すことが難しいのです。

 

仕上がりも良好で、何のトラブルも起きていない状況であれば、残存していても問題ないのですが、いざ何らかの合併症が起きたときに除去できないというのは大きなマイナスになるのです。

 

身体に吸収されてなくなるということは、ある程度身体に優しいということを意味します。つまりトラブルが起こる可能性は低いということです。

 

そして万が一のときにも、時期が来ることにより、吸収され消失するためトラブルが永続的になる心配がないということです。

 

わざわざ吸収される素材を使っているのはこのような理由があるのです。

 

このような考え方に基づけば、永続的に残存するものは、手術などで完全に除去可能な個体である必要があるのです。美容外科において、鼻や顎、胸に使用するシリコンプロテーゼなどが、個体であるのはこのような意味があります。

 

このような意味では、永続的に残るような素材を注射で注入するより、手術で個体であるシリコンプロテーゼを挿入する方が、安全であるといえます。

お問い合わせ0120-084-112

診療時間
(予約は17:00まで)

休診日:水曜日・日曜日・祝日