銀座 皮膚科 美容皮膚科 形成外科 しみ しわ たるみ

MENU
MENU

丁寧に行うこと

いつも丁寧に行うことは難しい?

いつも丁寧に行うこと

 

文字にすれば、とても簡単でありきたりですが、実行するのはとても難しいことです。

 

人間とはもともと気分や体調、環境に流されやすい生き物です。
そして、通常は楽な方に流されます。
いつも、すべてにおいて丁寧にするということは、この楽な方への流れに逆らわなければならないので難しいのです。

 

「疲れたからこのくらいにしておこうか」
「待ってる患者様が多いから、少し省略して急いで治療しよう」

 

さらに酷い場合だと・・・

 

「もう帰る時間だから早めに切り上げよう」

 

つまり、気分によっては丁寧にやる、時間に余裕があれば丁寧にやる。
とてもありがちな状況です。
これが普通となっている場合が多いのではないでしょうか。

 

つまり、たまに丁寧に行うのは簡単なことですが、これをどんなときにも一貫して行うのが難しいのです。
どんなに疲れていても、どんなに混雑していて急がなければならない状況であっても、毎日どんなときも同じように一貫して丁寧さを継続することは、本当に高い集中力と強い忍耐力を必要とするのです。

 

 

いつも丁寧に行うこと

 

文字にすれば簡単ですが、これこそがサービスをする上で最も難しいことのひとつではないでしょうか。
しかし、これができてこそ本当のプロフェッショナルだと私たちは考えています。

 

 

丁寧さが医療にとって大切な理由

丁寧さが医療におけるミスを防ぐという意味でとても大切だと考えています。
医療においてミスが起こるとき、それは、さまざまな状況で丁寧さを欠き、仕事が雑になったときが大半です。

 

つまり、いつでもどんなときも、診療を丁寧にするだけでミスをほとんど防ぐことができると私たちは考えています。

 

ミスを防ぐことは医療にとって最も大切なことなのです。
そして、もうひとつは、当たり前のことですが、丁寧さが患者様の満足度に大きく関わるからです。
ベッドに横になり治療を受けるとき、患者様は施術者の丁寧さを敏感に肌で感じるものです。
お肌を丁寧に扱い、それを感じて頂ければ、満足度は上がりますが、逆に、急いでいて雑になれば、患者様の満足度を大きく下げます。
医療はサービス業ですので、患者様の満足度がとても重要なのです。

 

そして、いつも一貫した丁寧さを実現するには、診療環境も大切です。
強靭な精神力は無限にあっても、物理的な時間や体力は限られているからです。

 

当院では一貫した丁寧さが可能な環境を整え、スタッフひとりひとりが常にそれを意識して実践し、患者様のこころとお肌を大切にしたいと考えています。
どうぞご安心してお任せください。

お問い合わせ0120-084-112

診療時間
(予約は17:00まで)

休診日:水曜日・日曜日・祝日