銀座 皮膚科 美容皮膚科 形成外科 しみ しわ たるみ

MENU

しみ・そばかす・肝斑治療

「しみ」と呼ばれるものにはたくさんの種類があり、それぞれに治療法が異なります。
正しい診断をして、適切な方法で治療する必要があります。

 

以下に代表的なしみの一般的な治療法について簡単にご説明いたします。
さらに詳しい説明をご希望の方は、各項目最後に設置した誘導リンクにお進みください。

 

なお、実際には患者様のお肌の状態によって治療法やアフターケアの方法は異なることが多いので、詳しくは、ご来院して頂き、実際の診察を受けて頂き、お肌の状態に応じた治療法の説明を医師から直接聞いて頂くのが最も確実です。

 

 

老人性色素斑(日光黒子)の治療


老人性色素斑は、紫外線による光老化や加齢による老化により、お肌の代謝(ターンオーバー)に異常が生じ、本来なら垢となって脱落するべき角質(皮膚の構成成分)が脱落しないで主に皮膚表面に溜まってしまった状態です。

 

この異常な角質にメラニン色素がたくさん含まれるため、茶色に見えるのです。

 

治療としては、以下のようになります。

 

①溜まった異常な角質(老人性色素斑)を除去

 

②お肌の代謝をよい状態に保ち、発生を予防すること

 

 

 

老人性色素斑の除去

Qスイッチルビーレーザー


老人性色素斑の除去において、最も確実な方法はQスイッチルビーレーザー(以下QRとします)を使用する方法です。
QRを適切な出力・方法で照射すれば、高い確率で老人性色素斑を一度の照射で除去することが可能です。

 

QRは黒や茶色などの色素にのみ反応するレーザーです。
老人性色素斑に対して、ピンポイントに照射することで、異常な角質に含まれるメラニン色素に反応し、これを破壊します。
破壊するときに熱を発しますので、色素の破壊だけでなく、色素を含む異常な角質自体も破壊するのです。

 

ただし、このとき発する熱は比較的強いため、老人性色素斑が除去された直下の正常な皮膚も熱ダメージを少し受けることになります。軽いやけどをするイメージです。
従って、治療後この軽いやけどに対するアフターケアが必要になることが多いです。

 

 

 

アフターケアについて

治療後は患部に目立たない特殊なシール(ガーゼではありません)を貼って外界から保護し、回復を促します。皮膚は1週間以内に回復し、通常の扱いが可能になります。
照射するタイミングやレーザーのダメージの程度などにより、炎症後色素沈着(戻りシミ)を起こすことがあります。
つまり、しみが一度消えてなくなったのに、またしみが再発したかのように色がつくということです。これは元々あった老人性色素斑とは全く別物です。

 

傷跡がしばらく経って茶色くなることは、日常生活上でよく経験することですが、それと同様です。
この炎症性色素沈着(戻りシミ)ですが、通常は数か月、長くても1年以内に肌の正常な代謝によって、自然消失することが多いのですが、元々が老人性色素斑があった部分のため、自然消失しにくいことがあります。
なぜなら、老人性色素斑は、そもそも肌の代謝がよくないために発生しているからです。
このような色素沈着が残りやすい肌の状態だったから、老人性色素斑も発生してしまったとも言えます。

 

このような状態の肌に生じた色素沈着は、正常な肌に生じた場合にくらべて、色素沈着が消失しにくいのは簡単に想像できます。
そのため、当院では炎症性色素沈着(戻りシミ)が定着して残ってしまわないよう、外用薬を中心としたアフターケアをお勧めしています。
患部になるべく無用な刺激(紫外線や擦る刺激など)を与えないこと、適切な方法で外用薬を使用することにより、レーザー治療後に患部をそのまま放置する場合よりも、はるかに好成績を得ています。

 

 

>>Qスイッチルビーレーザーについて

 

 

 

フォトシルクプラス


フォトシルクプラスは光治療です。
光治療はレーザー治療とは、目的が異なります。レーザー治療はしみを除去することのみに特化した方法、光治療はしみの除去だけではなく、赤みの改善や肌質自体の改善など幅広い効果を出すために設計されています。

 

フォトシルクプラスを含むフォト系の光治療は、元々かさぶたなどのダウンタイムのない治療器として開発されました。

 

当時、レーザー治療後は目立つガーゼを1週間貼り付けるのが主流でした。それ故、接客業に従事する患者様などは長期休暇がなければなかなか難しい治療でした。
そんな中、かさぶたなしガーゼ不要のお手軽しみ治療器として登場したのが光治療器でした。

 

 

フォトシルクプラスのメリット・デメリット
メリット
・ダウンタイムなし、治療直後より洗顔・メイク可能・特別なアフターケア不要
・マイルドな反応なので顔全体をくまなく照射できる⇒くすみ・細かいしみにも対応可能
・しみの除去だけでなく、肌自体に反応し代謝が良くなり、美白・しみ予防にもなる
・熱作用によりコラーゲン産生が刺激され、はりや小じわの改善も期待できる
・メラニンだけでなくヘモグロビン(血管)にも反応し、赤ら顔やニキビ跡の赤みに有効
など

 

デメリット
・ピンポイントの治療には不向き(照射野が大きいため、ピンポイントには照射できません)
・しみの除去能力には限界あり⇒除去できないしみもあり
・見た目では、しみが除去できたように見えたとしても、完全ではないことが多いため、QRに比べると再発しやすい。
など

 

フォトシルクプラスは前述のQRに比べるとメラニン色素への反応がマイルドなので、しみの除去能力には限界があります。
輪郭がはっきり(浅い可能性が高い)していて、色が濃いもの場合フォトシルクプラスでも除去できる可能性があります。逆に輪郭がぼんやり(深い可能性が高い)していて、色が薄い場合、なかなか反応が得られないこともあります。

これは、回数を重ねれば取れるというものでもありませんので、ある程度治療回数を重ねてもしみが薄くならない場合、違う方法を検討する必要がでてきます。⇒QR

 

 

>>フォトシルクプラスについて

 

 

実際のプラン

前述したように治療に必要な要素は以下です。

 

①溜まった異常な角質(老人性色素斑)を除去⇒フォトシルクプラス、QR

 

②お肌の代謝をよい状態に保ち、しみの発生を予防すること⇒フォトシルクプラス

 

①、②どちらも改善させる必要がありますので、フォトシルクプラスとQRを併用するのがベストです。

 

 

状況による現実的な治療プラン

・顔全体に大小のしみが多く散在、もしくはそばかす
まずはフォトシルクプラスを数回やってみる⇒薄くなるしみ、変わらないしみがある程度はっきりしてくる⇒変わらないしみの中で気になるものはQRで完全に除去する。

 

・顔に大きなしみが単発で存在、これを早く除去したい
最初にQRでしみを完全除去する⇒しばらくアフターケアし患部が落ち着いた⇒できればフォトシルクプラスで肌質改善

 

以上が一般的なプランですが実際には、患者様の様々な条件によって変わってきます。
患者様個々のお肌の状態やご希望をお伺いして、よく相談させていただき、一緒にプランを立てます。

 

 

 

 

そばかす(雀卵斑)の治療


基本的に老人性色素斑の治療と同様です。
そばかすが、老人性色素斑と違うところは、数が圧倒的に多いということ、また眼に近いまぶたの部分にも多いことです。
最初から1個1個QRで照射する方法もありますが、極小のそばかすまでカバーするのは難しいです。
従って、まずは全体をカバーできるフォトシルクプラスを試してみることが多いです。

 

1回の治療で、フォトシルクプラスへの反応を見れば、大体の方針を決めることが出来ます。
輪郭がはっきりしていて色が濃い場合、フォトシルクプラスでもかなり除去できる可能性があります。
フォトシルクプラスに反応しにくいもの、またまぶた(特に上まぶた)に関してはQRが向いています。(QRは目に近い部分でも照射可能です)

 

一般的にそばかすは除去にしくいとか、再発しやすいと言われていますが、今までの経験上そのような印象はありません。

 

 

そばかすについてもっと詳しく

 

>>フォトシルクプラスについて

 

>>Qスイッチルビーレーザーについて

 

 

 

肝斑の治療


肝斑は特別なしみであり、他のしみと扱いが異なります。
肝斑の特徴は以下の通りです。

 

①強い刺激(レーザー・紫外線・擦るなど)で強い色素沈着を起こす性質を持つ

 

②体質的な面が強く、治療によっての完治は難しいが、その反面、自然に寛解することもある

 

③ホルモンや体調により濃くなったり薄くなったりする性質を持つ

 

治療は、フォトシルクプラスロングパルスヤグレーザーを用います。
ただし、老人性色素斑と同様の設定で行えば、肝斑にとっては刺激が強すぎて、上記のように強い色素沈着を起こしてしまう可能性があるので、あくまで肝斑が強い色素沈着を起こさない程度のマイルドな設定で慎重に照射します。
また肝斑は内服薬(トラネキサム酸)が効果的です。
トラネキサム酸は肝斑が濃くなるのを防ぐ働きがあります。
レーザー治療と併用することにより、濃く出ている肝斑を薄くすることが出来る可能性があります。
但し、上記②や③の通り、基本的には肝斑は体質であって、日常生活上のいろんな要素や体調などに左右されますので、効果については不確定要素が多い治療となります。
肝斑については別のページにて詳しくご説明いたします。

 

 

肝斑につきもっと詳しく

 

>>肝斑治療について

 

 

 

イボ(脂漏性角化症、尋常性疣贅、アクロコルドンなど)の治療


イボなどのふくらみのあるものは基本的に炭酸ガスーザーを用いて、1個ずつ丁寧に除去します。
色素の濃いもので、ふくらみが小さい場合のみQスイッチレーザーを用いることもあります。
ホクロなどの皮膚の深くまで及んでいる病変でない限りは大抵の場合、1回の治療で終了します。
治療後は、しみのQスイッチルビーレーザーの治療後と同様の経過を辿ることが多いですが、老人性色素斑に比べて色素沈着が長期間残存することは少ない印象です。
尋常性疣贅(ウィルス性イボ)は、感染症のため、少しでも残存すると再発してくる可能性があります。その他のイボでは、きちんと治療すれば再発は稀です。

 

尋常性疣贅以外のイボは基本的に皮膚の老化によって出てくることが多いので、予防にはフォトシルクプラスなどが有効です。

 

 

イボにつきもっと詳しく

 

>>炭酸ガスレーザーについて

 

 

 

ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)の治療


ADMは、基本的にQスイッチルビーレーザーのみが有効です。
なぜなら、ADMは皮膚の深い層(真皮)に存在するからです。
ただし、Qスイッチレーザーをする前にフォトシルクプラスなどで治療することもあります。

 

ADMは老人性色素斑やそばかすなどと合併していることも多く、これらの表在性のしみを、まずはじめに除去することにより、どの部分がADMかをはっきりとさせることができるからです。
ADMの場合、Qスイッチルビーレーザーを用いても1回の治療のみでは除去しきれないことが多く、数回の治療を必要とすることが多いです。
リスクなどを考慮した治療間隔は6か月毎です。

 

場所や見た目の類似性から肝斑に間違われていることが多く、延々とトラネキサム酸を処方されている患者様をしばしば見かけますが、トラネキサム酸の内服は通常無効なので、注意が必要です。

 

しっかり診断し適切な治療を施せば、とても満足度の高い治療です。

 

一般的にとても難しいとされる、肝斑の合併例も実績が多く、基本的に治療可能です。
是非ご相談ください。

 

 

ADMにつきもっと詳しく

お問い合わせ0120-084-112

診療時間
(予約は17:00まで)

休診日:水曜日・日曜日・祝日