銀座 皮膚科 美容皮膚科 形成外科 しみ しわ たるみ

MENU

しみ治療へのこだわり

しみ治療へのこだわり~すべてはしみをきれいに確実に取るために

あなたの希望を叶えるしみ治療はここにある!

「しみなんて、レーザー当てれば簡単に取れるんでしょ?」 はたして、本当にそうでしょうか? しみのお悩みで美容皮膚科や皮膚科を訪れた患者様の多くが、最終的な治療結果に満足できず質の良い治療を求めて、クリニックを転々とするという事実。 もう誰もしみ治療で失敗させたくない~しみ治療専門【銀座お肌の診療所】の願いです

 

 

しみをきれいに確実に取るためのこだわり

当院はしみ治療専門クリニックです。 多くの治療メニューの中で、しみ治療を片手間に行っているわけではありません。15年以上もの間、しみの診療に携わり、膨大な数のしみと真剣に向き合ってきました。 診療を担当する院長は、毎日しみのことを考えて生きている、いわば「しみマニア」といえます。 しみ治療は簡単に考えられがちですが、診断から治療まで、しっかり行い、確実に結果を出すには知識、経験、センス、設備が必要です。 一度でも、しみ治療を受けられた経験があれば、このことをご理解頂ける方もいらっしゃると思います。 長年、しみを専門に研究し、治療を実践してきたことは、診察を受けてお話を聞いて頂けば、実感して頂けるはずです。 以下に当院のしみ治療へのこだわりポイントを示します。しみを確実に取るためには、すべてが必要不可欠であり、ひとつでも欠ければ、しみ治療が不満足な結果に終わる可能性があります。

 

 

しみをきれいに確実に取るための問診

しみをきれいに確実に取るには、正しい診断が必要です。 正しい診断は、患者様のお話をしっかり聞くこと(問診)から始まります。 「いつから」「どのように出て来たか」「大きさの変化は?」「症状は?」「色の変化は?」「患者様のご希望」など。 頂いた情報をプロとして分析させていただきます。 すべてが、しみの正しい診断や治療法の選択に有益な情報となるのです。 しっかりした問診なしに正しい診断・適切な治療は難しいです。 当院では、患者様のお話をしっかり聞かせて頂きます。

私たちの努力目標

 

 

しみをきれいに確実に取るための診断

しみをきれいに確実に取るには、正しい診断が必要です。正しい診断には、先に挙げた問診とともに十分な観察が必要です。 当院の診察室には、しみを観察しやすいように設計された特別な照明システムを採用しています。照度・色温度・照射角度が無段階で調節が可能で、しみの細部まではっきりと観察することができます。また、光の条件を変えることにより、しみの表情が違ってくるため、より多くの情報を得ることができます。 さらに当院では、肉眼での注意深い観察だけでなく、専用のマイクロスコープ【50倍】や、ダーモスコピー【3Gen社製DL3+ipod6】を用いて、イボをできるだけ正確に観察・診断します。 非常に稀ですが、シミやイボに見える病変には、悪性腫瘍などが含まれていることもあり、種類によってはレーザー治療により悪化させてしまう可能性もあるため十分な注意が必要なのです。 ※悪性疾患の可能性が否定できない場合や、診断に迷う場合は然るべき専門の医療機関にご紹介させていただくことがあります。美容医療においては、【安全】が最優先です。 これらは、しみ治療専門クリニックならではの診断へのこだわりです。 実は、普通の蛍光灯だけしかない薄暗い診察室ではしみをしっかり観察すること(=診断)は、とても難しいといえます。普通の蛍光灯の光は暗い割には、お肌に反射してしまい、しみをよく観察することができません。 診断が正しくなければ、治療が成功する可能性はとても低くなります。 ここで得られた所見と問診内容を十分に考え併せて、診断を決定します。

  • 色温度が低めの設定です。この光でしか見にくいものがあります。

  • 色温度高めの設定です。しみやイボの形を正確に把握できます。

  • 専用マイクロスコープです。肉眼での観察だけでは不十分です。

  • しみのマイクロスコープ像

  • しみのマイクロスコープ像

  • そばかすのマイクロスコープ像

 

 

シミをきれいに確実に取るための説明

シミをきれいに確実に取るには、患者様の治療へのご理解が不可欠です。 治療後にご自宅で行っていただくアフターケアは最終的な治療結果に大きく影響します。 患者様のご理解には、どなたでも理解できるような分かりやすい説明が必要です。医療機関、特に美容クリニックで行われている説明は、医療機関に課せられた「説明義務を果たすための説明」のことが多く、患者様は説明は受けたけど、ご理解が不十分なまま、治療を受けられているケースが圧倒的に多いのではないでしょうか。 患者様への説明は、説明義務を果たすことが目的ではありません。 当院では、治療やアフターケアについて患者様のご理解が十分に得られることを目的としたどなたでもご理解いただけるような分かりやすい説明をいたします。 それが、治療の成功や患者様の満足度につながるからです。

 

私たちの努力目標

 

 

治療に伴う痛みを最小限にするための麻酔

フォトシルクプラスでは、基本的に麻酔処置を行いません。麻酔処置が必要なほどの痛みがないのと、人によっては麻酔処置で毛細血管が拡張してしまい(赤みが出る)フォトシルクプラスの治療の効果に影響してしまう可能性があるためです。 Qスイッチルビーレーザー、炭酸ガスレーザーその他のレーザーでは、無麻酔の治療ではある程度の痛みを伴うこと、麻酔処置が治療効果に及ぼす影響は無視できるほど小さいことにより、麻酔処置による最大限の除痛を目指します。 シール状の麻酔、クリーム状の麻酔、麻酔の局所注射、冷却など、さまざまな方法を用いて、患者様がなるべく快適に治療を受けられるよう配慮いたします。

 

 

シミをきれいに確実に取るための治療

レーザー治療や光治療は、医療機器が自動で行ってくれるものではありません。
ただ単に、流れ作業的に照射すれば結果が出るというものではないのです。
優秀な医療機器も、使い手の知識・能力によってはポテンシャルを発揮できません。

 

そのときのお肌の状態をしっかり把握して、初期の設定を行い、治療を開始します。
その後、治療中のお肌の反応をしっかり観察しながら、設定を細かく調節していく必要があります。「お肌の会話」しながら進めていくイメージです。これがうまくいかないと、治療結果が出ないばかりではなく、ときに危険を伴うこともあります。
なお、正確な治療のため、当院のレーザー治療室には、診察室同様の照明システムを装備しています。薄暗い蛍光灯だけの治療室では、正確な治療は困難と考えています。
過去にシミのレーザー治療や光治療の経験があり、いい結果が得られず失望されたことがある方、それは医療機器の性能が原因ではない場合があります。
諦めずにもう一度だけ当院で相談してみませんか?

 

 

シミをきれいに確実に取るためのアフターケア

シミの治療を成功させる要素のひとつが適切なアフターケアです。
治療後、特に何も注意することなく放置で良い結果が出ることもあります。しかし、適切なアフターケアを指導されなかったがために、結果が芳しくなく、治療自体の意味もなくしてしまって、シミ治療に失望した患者様をたくさん見てきました。本当に残念なことだと思います。
当院では、シミ治療を成功させるために必要なアフターケアについて、患者様のご理解が得られるような分かりやすい十分な説明をし、最後まできちんと対応いたします。
レーザー照射だけで治療が終わるわけではありません。適切なアフターケアは治療の一環なのです。

お問い合わせ0120-084-112

診療時間
(予約は17:00まで)

休診日:水曜日・日曜日・祝日