銀座 皮膚科 美容皮膚科 形成外科 しみ しわ たるみ

MENU

原因・対策をご紹介

このページでは、よくあるしみ治療における不満足例(失敗)と、考えられる原因・対策をご紹介いたします。実際には、どうしても避けられない不可抗力のケースもあり、また個々のケースにより状況はさまざまですので、あくまで参考程度にお考えください。

 

 

Qスイッチルビーレーザー

治療をしたのに、しみが取れなかった

Qスイッチレーザーは、高出力な照射が可能なレーザーです。通常老人性色素斑への治療では、適切な照射により1回の治療で完全に除去できることが多いです。にも関わらずしみが取れなかったのには、たいていの場合理由があります。

 

以下に原因となる場合を挙げます。

 

 

そもそも老人性色素斑ではなかった(診断が違う)

ホクロ、ADM、扁平母斑、炎症後色素沈着など老人性色素斑以外のしみやアザの場合、1回の治療のみでは取り切れない、または治療自体が無効な場合があります。
しみの治療には正確な診断が不可欠なのです。

 

照射出力が十分ではなかった(治療が不適切)

老人性色素斑を完全に除去するには、適切な出力による治療が必要です。治療時の出力設定が不十分な場合は、当然残存してしまう可能性があります。この場合は、リスクを避けるために十分な期間を空けた上で、再照射が必要です。適切な出力で照射した場合、再照射が必要になることはまれです。

 

アフターケアが不十分であった

多いのがこのパターンです。Qスイッチルビーレーザーは、ある程度の肌のダメージを伴います。このダメージにより、治療後に一定期間、炎症性色素沈着(戻りシミ)を生じる場合があります。炎症性色素沈着は自然と消失するというのが一般的な認識ですが、レーザー治療後の場合、実際には自然の経過だけではなかなか消失しないこともあります。このようなことを避けるために必要なのがアフターケアなのです。当院の経験では、適切なアフターケアを実施することにより、色素沈着(戻りシミ)の残存はかなり少なくなると考えています。

 

 

治療した部位が白く色が抜けた状態になってしまった(白斑化)

このような状態のことを白斑化といいます。一時的な場合もありますが、長く残ってしまう場合もあります。
1回の照射でも起きてしまうことがありますが、非常に稀であり、通常は一時的なもので時間の経過とともに改善します。
長く残ってしまう場合には、たいていの場合理由があります。

 

以下に原因となる場合を挙げます。

 

  • 照射出力が強すぎた
  • 治療間隔を十分空けずに繰り返し治療した
  • 炎症性色素沈着(戻りシミ)に対して照射した

 

上記のような場合は、色素細胞のダメージが大きくなりすぎて、色素の産生ができなくなってしまい白斑化が起きると考えています。白斑化が起こった場合は、なかなか有効な治療法がないため、予防が大切です。

 

傷痕になってしまった

Qスイッチルビーレーザーは高出力照射が可能なレーザーですが、熱の拡がりは少なくなるように設計されており、通常の治療経過では、傷痕になることはまずありません
しかし、上記白斑化の原因のような状況や、ホクロの治療やTatoo治療のように何度も繰り返し治療をする場合、また治療後の患部の管理が悪い場合は残る傷痕を生じる場合もあります。

 

 

Qスイッチルビーレーザーへ

 

 

フォトシルクプラス

しみが薄くならない

フォトシルクプラスはしみの治療器です。
ターゲットが老人性色素斑やそばかすなどのしみや全体的なくすみの場合、適切な治療を繰り返すことで、通常はしみは薄くなり、くすみが取れて美白効果があります。

ただし、Qスイッチルビーレーザーのように、どんなしみでも確実に除去できるパワーは与えられていません
特に、薄くてぼんやりしているようなしみに対しては、出力が不十分であり、効果が出しにくい場合があります。

しかし、その反面、顔全体にマイルドな出力で照射することが可能で、お肌全体の活性化ができるメリットを持っています。

それ以外の原因では、ターゲットがしみ以外である場合や、使用法が不適切な場合が考えられます。

患者様がしみと認識される中には、しみ以外のものが含まれていることがあります。たとえばADMなどは、皮膚の深い層(真皮)に存在するため通常フォトシルクプラスは無効です。

フォトシルクプラスはマイルドな光治療器ですが、濃いしみには反応が強く出る場合があり、Qスイッチルビーレーザーのような二次性(炎症性)色素沈着を起こすこともあります。この場合は、繰り返し治療すればするほど、炎症が強くなりますので色素沈着が改善しにくくなります。
「毎回治療のたびに、かさぶたになっているけどすぐに濃くなる」というような場合では、正しい状況判断が重要です。

 

 

診察時に聞いたようなかさぶたができない

フォトシルクプラスを含む光治療器は、もともとダウンタイムのない治療を目指して開発されています。

ダウンタイム(=厚いかさぶた)を作ってしみを除去することが目的の機器ではないのです

ただし、お肌の状況によっては、かさぶたができてしまうことがあるというのが、当院の認識です。

特に、初めての治療や、久しぶりの治療ではお肌の表面近くに色素が多く溜まっており、これらが強い反応を起こすことで、小さなかさぶた(マイクロクラスト)を作ることがあります。

フォトシルクプラスは、治療後にかさぶたを作ってしみを取ることが目的の治療機器ではないのです。

 

 

肝斑が濃くなってしまった

肝斑は特殊なしみで、はっきり存在が見て分かる場合と、そうでない場合があります。
強い刺激で濃くなる性質があり、治療も刺激になり得るのです。

見えているときには、高い出力で照射しないよう注意するのですが、問題は治療前に全く存在を認識できないほど潜在性である場合です。
通常の出力で照射することが刺激になり、肝斑が目立つようになる場合があります。

そのため、特に初回治療の際は、肝斑が発生しやすい部位に対しては、肝斑が認識できなくても、潜在性の肝斑を想定した注意深い照射が必要です。

ただし、いくら注意していても避けられない場合もあります。それは、肝斑が外的な刺激だけでなく、さまざまな要因(ホルモンや体調など)と合わさって、濃くなってしまうことがあるためです。

ただし、治療前には目立たなかったものが、治療により目立つようになってしまったというケースでは、トラネキサム酸の内服のみで改善するケースがほとんどで大きな心配は不要です。

 

 

長方形の水ぶくれができた・縞模様のかさぶたができた

これは、「やけど」です。

Qスイッチルビーレーザーなどは、軽いやけどを起こすことを前提にした治療機器ですが、フォトシルクプラスでは、通常やけどは起きません。

お肌の状態に対して照射出力が強すぎたか(不適切な設定)、もしくは冷却が不十分(ジェルが少ない⇒不適切な治療方法)だった、もしくは日焼け後などお肌が治療に適した状態じゃなかった、などの理由で、ダメージがお肌の限界を超えてしまった状態です。

十分な診察と適切な照射方法で、避けることができることが多いです。

 

 

フォトシルクプラスへ

 

 

炭酸ガスレーザー

治療部位が凹んでしまった

イボなどの病変が皮膚の深い層まで存在していて、レーザーを照射して除去した場合などに起こります。ウィルス性のイボやホクロの治療で起きやすいです。
この場合は、治療前に予想が可能であるため、事前に説明します。

それ以外では、不適切な治療でも凹みが起きることがあります。
炭酸ガスレーザーは、ターゲットが水ですから、イボでも正常な皮膚でも区別なく反応します。つまり、レーザー照射の加減が不十分だと、必要以上に深くダメージを与えてしまうことがあります。

通常は、時間の経過とともに改善しますが永続的に残ることもあります。必要以上に深く照射しないよう、繊細で注意深い治療が必要です。

 

 

治療部位がケロイド状に膨らんでいる

ケロイド体質などがあった場合、治療の刺激によりケロイドが発生する可能性があります。
特に、ケロイドが発生しやすい部位(胸、肩など)の治療では十分な問診・説明と注意が必要です。
ホクロの治療などでは、ホクロが残存していても、治療後に膨らんでくることがあります。

 

 

治療したイボが再発した

炭酸ガスレーザーの治療は、主に隆起性病変(イボなど)が対象です。

ベストなのは、一度の治療で病変を完全除去することですが、除去が不十分で残存させると再発することがあります。特にウィルス性のイボなどの場合は再発しやすいです。

ただし、残存・再発を恐れ、必要以上に深く治療しすぎると、凹みや瘢痕(傷痕)の原因になってしまう場合もあり、判断が難しいところです。このあたりは、医師のセンスと経験が頼りになります。

凹みや傷痕にならない程度に治療し、再発してくるようなら再度追加治療をするというのが現実的です。

患者様とよく相談して決めることが重要です。

 

 

イボのレーザー治療へ

 

 

その他

肝斑の診断で内服薬(トラネキサム酸)を長く飲んでいるが一向に改善しない

そもそも、それ本当に肝斑でしょうか?
肝斑以外のしみに対して、トラネキサム酸は通常無効とされています。よく目にするパターンは、ADMを肝斑だと診断しているケースです。
ADMに対して、トラネキサム酸は全く無効であり、Qスイッチレーザーが必要になります。
しみの治療では、正しい診断が重要なのです。

お問い合わせ0120-084-112

診療時間
(予約は17:00まで)

休診日:水曜日・日曜日・祝日