銀座 皮膚科 美容皮膚科 形成外科 しみ しわ たるみ

MENU
MENU

当院の新型コロナ院内感染予防対策

現在、首都圏の感染者数も減少傾向にあり、そろそろ緊急事態宣言解除も見えてきた状況ではありますが、緊急事態宣言が解除されても、新型コロナウイルス感染症がなくなるわけではありません。
海外では、現在も感染拡大を続けている国も多くあり、世界が複雑に繋がっている以上、油断できる状況ではないと考えています。
当院では、緊急事態宣言解除後も、これまで同様、もしくはそれ以上の院内感染対策を継続して講じることにより、ご来院される患者様にとってできるかぎり安全な診療環境を提供し、少しでも安心してご来院頂けるよう努めてまいります。

基本的な考え方は、「われわれ医療従事者も含めて、すべての方が感染者の可能性があると想定して、お互いに濃厚接触と考えられる状況を避け、【感染させない・感染しない】対策をすること」です。
主な感染経路は飛沫感染接触感染とされていますが、エアロゾル感染の可能性もあると考え、それぞれに対策を立てています。
当院では以下のような対策を実施しています。
患者様には、ご不便をおかけしますが、ご協力をお願いいたします。

 

飛沫感染対策

【飛沫を飛ばさない、飛沫を浴びない】が感染予防の基本です。
飛沫は咳やくしゃみだけでなく、通常の会話でも飛散します。
飛沫感染では、近距離での会話がリスクになることが明らかになっています。
特にマスクやフェイスシールド、保護ゴーグルなどの感染予防対策をしていない状態では、短時間の会話でも大きなリスクになりえると考えています。
診察や説明の際は、常時マスクやフェイスシールドなどの物理的な感染対策を取り、なるべく距離を取り、手短に行えるよう努めています。
治療の際や肌の詳しい診察など、接近せざるを得ない状況では、感染対策を取り、必要以上の会話を避けるようにしています。

 


マスク着用の徹底

マスクスタッフは常時マスクを着用しています。
患者様に接する際には、必ず高性能マスクにサージカルマスクを重ねて装着しています。
スタッフは、最も感染リスクの高い飛沫を飛ばさないことはもちろんのこと、高性能マスクを装着することにより、マイクロゾルをも飛ばさないようよう努めています。
院内では、施術中などやむを得ない状況のみを除き、体調に関わらず患者様全員にマスクを着用していただいています。

 

フェイスシールド着用


フェイスシールド患者様に接する際、スタッフはマスクに加えフェイスシールドを装着しています(二重の飛沫対策)。
特に、施術中など近距離では飛沫飛散防止を徹底するため、簡易式のものではなく、写真のような大型のフェイスシールドを装着しています。

 

院内オンライン診療の活用

テレビ電話飛沫感染予防において最も有効なのは、対面しないことです。
対面せず、別室で話すことができれば、飛沫感染の心配はありません。
治療やアフターケアの説明など、ある程度の時間を要する説明は、直接対面を避け、別室でテレビ電話システムを用います。

 

保護メガネ貸し出し

保護ゴーグル飛沫感染対策は、目の粘膜保護も重要だと考えられています。
ご希望により、患者様用保護メガネ(消毒済)の貸し出しも可能です。
ご希望の方は受付までお申し付けください。

 


受付にアクリルボード設置


受付パーテーション受付には、アクリル製のパーテーションとビニールシートを設置しています。
お会計やお薬の受け渡しで、スタッフと対面する際も安心です。
クレジットカード決済端末機なども、患者様ごとに消毒をしています。

 

接触感染対策

手指消毒

 

 

手指消毒接触感染対策で最も重要なのは手指消毒です。
ウイルスの付着した手指で目・鼻・口などの粘膜を触ることにより感染リスクになります。
ご来院の際には、患者様全員にアルコールによる手指消毒または手洗いをお願いしています。
また、院内に滞在されている間はご希望や必要に応じてアルコールによる手指消毒をさせていただきますので、ご遠慮なくお申し付けください。
スタッフは患者様ごとに手洗いをし、患者様に触れる前には必ず手指消毒をいたします。

 

院内設備の清掃・消毒(エタノール・次亜塩素酸ナトリウム使用)

治療ベッド感染対策 床消毒 クリンフット
ディスポーザブル以外の医療機器は、患者様ごとに毎回消毒しています。
患者様が直接触れるベッドシーツなどは、交換や消毒がしやすい特殊なものを使用し、患者様ごとに交換または消毒を行っています。
スタッフや患者様が頻繁に触れる設備・クリニックの床は定期的に消毒しています。
クリニック玄関には、靴底用次亜塩素酸消毒マットを設置しています。
ただし、院内の設備などは、定期的に消毒をしていても接触感染対策としては完全になり得ません。
頻繁に消毒清掃したとしても、常時清潔状態を監視するのは不可能で、どなたかが少しでも触れた時点で清潔とは言い難いからです。
したがって、最も重要なのは、必要以上に触れないこと、そして触れた際には手指消毒または手洗いとなります。
必要に応じて何度でも手指消毒や手洗いを案内させていただきますので、お申し付けください。

 

エアロゾル感染対策

エアロゾル感染は感染リスクになる可能性が指摘されていますが、まだ完全には解明されていません。
換気が感染予防になるのは確実だと考えられますが、それ以外の対策は現段階では効果が保証されているものではありません。
しかし、当院では現在実行可能で感染予防になる可能性のある対策は可能な限り実行しています。

 

換気

窓開放クリニックの窓は荒天時を除き、常時開放しています(5階なので虫が入る可能性はそれほど高くないと考えられます)。
クリニック内の空気が停滞することのないよう、換気扇を常時作動させています。
待合室・診察室・治療室などでは、各室にサーキュレーターを作動させて換気効率を上げるため、そしてエアロゾルが発生した際にできるだけ安全な空気の流れを作っています。

 

次亜塩素酸空間除菌脱臭機・オゾン除菌消臭器など


ジアイーノ ジアイーノ オゾン除菌機 超音波噴霧器 
・待合、診察室、治療室などに業務用次亜塩素酸空間除菌脱臭機 パナソニック製ジアイーノF-JDS70-W、F-JML30-W、業務用オゾン除菌消臭器マクセル製MXAP-AE400を設置し、常時稼働させています。
・院内各所に次亜塩素酸水の超音波噴霧器(3台)を設置し、常時稼働させています。
・必要に応じて、ウイルバス200(安全性の高い特殊な次亜塩素酸ナトリウム)を空間噴霧し、除菌をしています。


これらの対策が、エアロゾル感染予防にどれだけ効果があるかは現在のところ不明ですが、空中に浮遊する飛沫核のウイルス不活性化、また消毒作業の届かない場所の除菌に多少なりとも効果があるのではないかと考えています。

 

待合室での混雑防止(予約制限)

待合配置待合室が密にならないよう、椅子と椅子との距離を長めに取っています。
また、通常より時間ごとのご予約数を制限して待合室に多くの患者様が待つことのないようにしています。
なるべく待ち時間が少なくなるような予約状況にしておりますが、進行具合によっては多少の待ち時間が発生することがあります。


診察や治療までの待ち時間の間、待合室でお待ちになりたくない方は、受付までお申し出ください。

院外でお待ちいただき、時間になりましたら、携帯電話でお呼びすることができます。
※当院で治療後の患者様で症状の安定している場合の診察や処方など、電話でも対処が可能な場合は、電話再診をお勧めしています。

 

スタッフの衛生管理の徹底

いくら高性能な感染予防対策の道具を用いても、管理が甘かったり、誤った運用方法では、感染予防に役立たないどころか、逆効果にもなり得ます。
どういう状況で感染するのか・感染させるのかを常に認識して行動しています
⇒マスク・フェイスシールド・保護メガネなどの常時着用・正しい管理・正しい運用の徹底、正しい手指衛生や手洗いの徹底など。

 

スタッフの体調管理

勤務するスタッフの体調管理はとても重要です。
毎朝の検温、日ごろの感染予防指導、出勤時間調整、必要な消毒液・マスクなどの配布などを行っています。

 

患者様のご来院の制限

感染拡大予防対策として、体調の悪い患者様、新型コロナウイルス感染の可能性のある患者様には、ご来院をお控え頂いております。
⇒詳しくはこちら(ご来院・受診を見合わせていただく条件)

お問い合わせ0120-084-112

診療時間
(予約は17:00まで)

休診日:水曜日・日曜日・祝日

close