銀座 皮膚科 美容皮膚科 形成外科 しみ しわ たるみ

MENU
MENU

当院の新型コロナ院内感染予防対策

感染防止徹底宣言新型コロナ感染状況は、良くなったり悪くなったりで、なかなかすっきりしませんが、重症化が少ない状況に変化したのは幸いです。
ほとんどの方が一時的な発熱か風邪症状で終わるみたいですが、指定感染症の関係で、感染すると体調とは関係なくいろいろと社会的な制約がかかってしまいます。
当院で提供する治療の中には、距離を取れず、マスクも装着できないものも多くありますので、まだしばらくはある程度の感染予防対策は必要だと考えています。
状況をみて、段階的に緩和していきたいと考えています。

基本的な考え方は変わらず、「われわれ医療従事者も含めて、すべての方が感染者の可能性があると想定して、お互いに濃厚接触と考えられる状況を避け、【感染させない・感染しない】対策をすること」です。
無症状の保菌者(感染力は低いみたいですが)が多いこと、PCR、抗原検査ともに感度は高いと言えず、検査陰性でも感染していない証拠にはならないことが理由です。

流行当初と違って、感染するシチュエーションはかなり判明してきていると思いますので、基本的なことを守っていれば感染しにくいと思っています。
感染経路のほとんどは飛沫感染エアロゾル感染ですから、守るべきことは【マスクしないで近距離で会話しない】【換気をする】となります。

当院では以下のような対策を実施しています。
これらの方針にご同意いただける場合に、ご予約をお取りいただければと思います。
患者様には、多大なご不便をおかけし、中にはご不快に感じられる方もおられるでしょうし、賛否両論あると思われますが、何卒ご理解とご協力をお願いいたします。

 

飛沫感染対策

最も重要で、感染経路の大部分が飛沫だと考えています。
なぜなら、含まれるウイルス量がけた違いに多い(=感染が成立しやすい)からです。
【飛沫を飛ばさない、飛沫を浴びない】が基本です。
飛沫は咳やくしゃみだけでなく、通常の会話や呼気でも発生し、感染源になる可能性が高いことが分かっています。
特にマスクなどの飛沫対策をしていない状態での近距離での会話は短時間であったとしても大きな感染リスクになりえます。
対面しないことが一番確実ですが、そうはいかない診察や説明の際は、マスクやフェイスシールド、アクリルボードなどの物理的な対策を取ります。
治療の際や肌の観察など、マスクをできない状況では、それ以外の感染対策を取り、どのような状況でも安全に診療できるよう努めています。

 

マスク着用の徹底

マスクマスクは飛沫飛散防止に有効で、感染対策において最も重要と考えています。
当院では、スタッフは常時マスクを着用します。
マスクを装着せず、患者様の対応をすることはなく、特に
患者様に近距離で接する際には、必ず高性能防塵マスクを装着し、飛沫防止に努めます。
また、院内では、施術中などやむを得ない状況のみを除き、患者様全員にもマスクを着用していただきます。
感染者・非感染者双方がマスクを装着することで、会話などによる感染リスクが大幅に減少することが海外の研究で分かっています(Universal Masking)。
空間をクリーンに保つには、その空間を共有する全員がマスクを装着し、できる限り飛沫の発生を抑制することが大切だと考えています。
※患者様にも、院内では飛沫飛散防止効果の高い不織布マスクの着用をお願いしています。院内では、飛沫防止効果が製品によりさまざまである布マスクやウレタンマスクの着用はご遠慮いただいております。ご来院される方全員の安全と安心のため、ご協力をお願いいたします。
ご持参いただくマスクについて

 

院内オンライン診療の活用

テレビ電話治療やアフターケアの説明など、ある程度の時間を要する説明は、直接対面を避け、別室でテレビ電話システムを用います(院内オンライン診療)。
飛沫感染予防において最も有効なのは、直接対面しないことです。
対面せず、別室で話すことができれば、飛沫感染の心配はゼロになります。
また、患者様に直接対応する際に、スタッフが装着している高性能防塵マスクは、呼吸がしにくく、長時間の会話に適していません。

 

飛沫吸引バキューム装置

口腔外バキューム顔の治療時など、どうしても患者様がマスクを外して無防備な状態にならざるを得ない状況があります。
このような状況では、施術者と患者様の間に特殊なバキューム装置を設置し、施術者と患者様の間の空間に存在する飛沫やエアロゾルを吸引し無害化します。

バキューム装置は、治療ベッドごとに設置し、飛沫のほとんどを吸引します。
装置内の特殊フィルター(ULPA:一般的なHEPAフィルターより高性能)と紫外線照射(UV-C)でウイルスを不活性化・除去します。

 

エアロゾル感染対策

最近では、エアロゾルも感染リスクになることが指摘されています。
ウイルス量は多くはありませんが、長時間(=大量)に吸えば、感染が成立する可能性があります。
換気が感染予防になるのは確実だと考えられますが、それ以外の対策は現段階では確実な効果が保証されているものではありません。

 

換気

窓開放クリニックの窓は、よほどの荒天時を除き、常時開放しています。(冬は寒く、夏は暑い場合があります、すみません)
空気が停滞することのないよう、クリニック内の全換気扇も常時全開で稼働させています。
待合室・診察室・治療室などでは、各室にサーキュレーターを作動させて換気効率を上げるため、そしてエアロゾルが発生した際にできるだけ安全な空気の流れを作っています。
診察は治療を終えた部屋は一旦全開放し、完全に換気をしてから、次の患者様をご案内するようにしています。

 

次亜塩素酸空間除菌脱臭機・オゾン除菌消臭器など


ジアイーノ ジアイーノ オゾン除菌機  
・待合、診察室、治療室などに業務用オゾン除菌消臭器マクセル製MXAP-AE400業務用空間除菌脱臭機 パナソニック製ジアイーノF-JDS70-W、F-JML30-Wを設置し、常時稼働させています


これらの対策が、エアロゾル感染予防にどれだけ効果があるかは現在のところ不明ですが、空中に浮遊する飛沫核のウイルス不活性化、また消毒作業の届かない場所の除菌に多少なりとも効果があるのではないかと考えています。
どちらの機器も、安全性には問題なく、人体への害はないとされていますので、ご安心ください。

 

接触感染対策

手指消毒

手指消毒接触感染対策で最も重要なのは手指消毒です。
ウイルスの付着した手指で目・鼻・口などの粘膜を触ることにより感染リスクになります。
スタッフは、適宜手洗いを実施し、患者様に触れる前には必ず手指消毒をいたします。

 

待合室での混雑防止(予約制限)

待合配置待合室が密にならないよう、椅子と椅子との距離を長めに取っています。
また、通常より時間ごとのご予約数を制限して待合室に多くの患者様が待つことのないようにしています。
なるべく待ち時間が少なくなるような予約状況にしておりますが、進行具合によっては多少の待ち時間が発生することがあります。


診察や治療までの待ち時間の間、待合室でお待ちになりたくない方は、受付までお申し出ください。

院外でお待ちいただき、時間になりましたら、携帯電話でお呼びすることができます。
※当院で治療後の患者様で症状の安定している場合の診察や処方など、電話でも対処が可能な場合は、電話再診をお勧めしています。

 

スタッフの衛生概念の徹底

実はこれが最も重要だと考えています。
いくら高性能な感染予防対策の道具を用いても、管理が甘かったり、誤った運用方法では、感染予防に役立たないどころか、逆効果にもなり得ます。

感染予防に関しては、道具も大切なのですが、それらの管理と正しい運用方法、高い意識が最も重要だと考えています。
患者様の対応中、または患者様の近傍で感染リスクが高いと考えられる【咳やくしゃみ】などは、可能な限りしないよう常に心掛けています。
また、スタッフ同士が濃厚接触者にならないような行動を徹底しています。


「マスクをしているから大丈夫」「グローブをしているから大丈夫」、これらは危険な認識です。
医学教育を受けているはずの医療現場であっても、残念な状況は見られます。
典型的でありがちな状況は、医療者が自身の身を守ることだけに専念してしまっている例です。
たとえば、自分のマスクを触った手で清潔でなければならない器具を触る、患者様に触れるための清潔なグローブで清潔とは限らない物を触る…
このような器具やグローブで治療されるかもしれない患者様は、不安になって当たり前です。
当院では、そのような不安を少しでも払拭できるよう配慮しています。
どういう状況で感染するのか・感染させるのかを常に認識して行動しています
⇒マスク・フェイスシールドなどの常時着用・正しい管理・正しい運用の徹底、正しい手指衛生や手洗いの方法やタイミングの徹底など。

 

患者様のご来院の制限

感染拡大予防対策として、体調の悪い患者様、新型コロナウイルス感染の可能性について以下の条件を満たす患者様には、ご来院をお控え頂いております。
体調不良の方や風邪症状がある方がご来院される可能性を低くすることで、院内へのウイルス持ち込みリスクを最小限にしています。
⇒詳しくはこちら(ご来院・受診を見合わせていただく条件)

お問い合わせ0120-084-112

診療時間
(予約は17:00まで)

休診日:水曜日・日曜日・祝日

close