銀座 皮膚科 美容皮膚科 形成外科 しみ しわ たるみ

MENU
MENU

お問い合わせ0120-084-112

診療時間
(予約は17:00まで)

休診日:水曜日・日曜日・祝日

ご持参いただくマスクついて

お知らせ

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、ご来院の際にご持参いただくマスクの種類についてお願いがあります。

 

最近の感染状況を考慮し、ご持参して院内で着用していただくマスクの種類は不織布マスク(ふしょくふ)とさせていただきます。

 

院内感染予防という点では最も重要な要素である、飛沫飛散防止効果がもっとも高いと考えられるからです。

 

もちろん、不織布マスクを装着して頂くのは、院内だけで結構です。
屋外は暑いですから、熱中症に気をつけてもっと通気性のよいマスクを装着したり、場合によってはマスクを外すことも必要かもしれません。

 

マスクにはいろいろな種類があり、それぞれ特徴があります。

 

マスクいろいろ

不織布マスク(こちらをご持参ください)

不織布マスク最も一般的なマスクで、一時期入手困難でしたが、現在はドラッグストアなどで比較的容易に入手できるようになりました。
イラストはプリーツ型ですが、立体型のものもあります。

通常は1回使用のみの使い捨てタイプです。
飛沫飛散防止効果が高く、感染拡大予防に効果的ですが、通気性が高くなく、少々暑いかもしれません。
このタイプをご持参いただき、院内で装着してください。

 

布マスク(院内でのご使用はご遠慮ください)

布マスク

手作りの物、不織布を挟み込むものなどさまざまなタイプがあります。飛沫飛散防止効果もさまざまであり、見た目で性能を判断するのが難しいので、院内でのご使用はご遠慮ください。

 

ウレタンマスク(院内でのご使用はご遠慮ください)

ウレタンマスク

スポンジっぽいウレタン素材のマスクです。
通気性がとても良く(飛沫を通しやすい)、ストレッチ素材のものが多いです。
洗って複数回再利用できるものが多いようです。

高い通気性が特徴で装着感が良いので、特に夏場は人気が高いのですが、通気性が良い反面、残念ながら飛沫飛散防止効果は低いものが多いとされています。
このタイプのマスクは、院内でのご使用はご遠慮ください。

 

お問い合わせ0120-084-112

診療時間
(予約は17:00まで)

休診日:水曜日・日曜日・祝日

close