銀座 皮膚科 美容皮膚科 形成外科 しみ しわ たるみ

MENU
MENU

お問い合わせ0120-084-112

診療時間
(予約は17:00まで)

休診日:水曜日・日曜日・祝日

「抗糖化」セミナーに参加してきました

スタッフ

皆様こんにちは。

 

 

 

先日、株式会社サンソリットさんが主宰されましたセミナーに参加してまいりました。サンソリットさんは、当院でもお取り扱いさせて頂いておりますサプリメントの日焼け止め「U・Vlock(ユーブロック)」のほか、糖化対策のサプリメント「F・Vlock(エフブロック)」と「T・Vlock(ティーブロック)」を製造販売されている会社さんです。他にも美容医療品、美容医療機器の開発、製造、販売と以下代表様のメッセージより抜粋↓

「創業よりピーリングのパイオニアとして、また日本におけるメディカル(医療)とビューティー(美容)の架け橋として、皆様の素肌づくりのために努めてまいりました」

 

と美容のことを考えていらっしゃる会社です(^^♪

 

そこで今回行われたのが

「抗糖化セミナー」

 

以前「糖化」については少しお話しさせていただきましたが、それをさらに掘り下げて、もっと詳しく学んでまいりましたのでここで少しご紹介させて頂こうと思います。
糖化についての説明はこちら

 

「糖化」は、アンチエイジングの大敵!!

 

還元糖とタンパク質(組織・臓器)が体温で温められ中間糖化代謝物を経由し最終的には不可逆反応である糖化最終生成物(AGEs)を生成する。これによりタンパク質の質的・機能的変化をもたらす(褐色変、硬化、機能低下)。これらが体に及ぼす具体的なものが次の3点↓

 褐色化・・・肌のくすみ

 硬化・・・肌の弾力性の低下、骨のしなやかさの低下

 AGEsが溜まる・・・動脈硬化、皮膚老化、コラーゲン架橋による機能低下、骨粗しょう症、アルツハイマー病など

 

見た目への影響としては、このAGEsが蓄積すると

 

「実年齢よりも老けて見える」

(これはいかん!!!)←私の心の叫び

 

以下、日常での対策のポイントを伺いましたので、気になるなと思われた皆様は是非参考になさってください。

・朝食は抜かない(少しでも食べる)

・タンパク質、脂質、食物繊維を相応に含む食事を摂る

・野菜(海藻、きのこ)から先に食べる

・甘味料(異性化糖など)や糖質の多い食品・飲料を控える

・食後に身体を動かす(家事程度の運動負荷でよい)

・AGEsの多い食材、食品を控える(焼き色の濃い食品など)

・飲酒は控えめにする

・タバコは吸わない

・抗糖化効果のある食材、食品を日々摂取する

・健康食品(サプリメント)を上手に利用する

 

長くなりましたが、私もこれらのポイント抑えて少しでも「抗糖化対策しよう!」と思っているところです。また、上記のサプリメントというのが、前にもご紹介しました、「T・Vlock 」と「F・Vlock」です。

 

TVlock

 

今回のセミナーでは、糖化についても詳しくご説明いただきましたし、サプリメントの材料のこと、臨床試験のこと、また、体内のAGEsを測定する機器(AGEsセンサー)のことなど、各分野での専門の先生方より盛りだくさんにお話しを伺えました。本当にありがとうございました。

 

微力ではございますが、少しでも皆様の美肌のお役に立てますように、少しずつこれからも頑張っていこうと思いますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

 

 

今日も良い一日となりますように!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ0120-084-112

診療時間
(予約は17:00まで)

休診日:水曜日・日曜日・祝日